MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
通の大人も大満足!洗練された「和食と酒」が最高!|割烹 ふた麦 麦酒庵分店(和食/日本橋)

通の大人も大満足!洗練された「和食と酒」が最高!|割烹 ふた麦 麦酒庵分店(和食/日本橋)

目も舌も肥えた大人を満足させるならこの店はいかがだろうか。大塚や恵比寿で人気の「麦酒庵」が手掛けた新店で、和食のコースに合わせて厳選したクラフトビールや日本酒とのペアリングを堪能できる。

perm_media 《画像ギャラリー》通の大人も大満足!洗練された「和食と酒」が最高!|割烹 ふた麦 麦酒庵分店(和食/日本橋)の画像をチェック! navigate_next

割烹 ふた麦 麦酒庵分店(最寄駅:三越前駅)

洗練された和食と酒最高のペアリングに通の大人も大満足
魚は築地をはじめ小田原産を仕入れるほか、神経〆の身が締まった上等品を石巻から直送。野菜は契約農家から届く無農薬のもの。それら吟味した食材を料理長が繊細なひと皿に完成させてくれる。爽やかなパッションフルーツをもずくに合わせるなど、思いがけない組み合わせのセンスにも脱帽。しっかり食事なら10品の通常コース、小腹を満たすなら好きな4品を選べる簡易コースを。21時以降は単品でも注文できる。

季節の炊き込みご飯(写真は鮎の炊き込みご飯)
2000円~

土鍋で炊くご飯は季節により食材はいろいろ。最初はそのまま、次にダシでお茶漬けにして

簡易コース(4品)
4000円(料理は基本的に月替わりで、全10品から選べる)酒とのペアリングはプラス2000円

鱧の天ぷらに添えるのはダシで煮たトマトを葛で固めたトマト餅。酸味のある日本酒「亜麻猫」が合う

甘鯛の酒盗ソース焼きスープを添えて

酒盗に卵黄を加えて作るソースが甘鯛の旨みを引き立てる。柔らかい飲み口の「奥羽自慢」をお燗で

蛤とじゅんさいの冷製

蛤のダシが利いたじゅんさいが涼しげ。スッキリとした味の「澤屋まつもと」がおすすめ

もずくとパッションフルーツ

パッションフルーツともずくを合わせた爽やかな味わいにはフルーティーな京都のビール「南半球の朝日」

割烹 ふた麦 麦酒庵分店

[住所]東京都中央区日本橋本町1-4-3 ムロホンビル1・1階 [TEL]03-6262-7997 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]日(日が祝の場合は営業、翌月休) [席]カウンター8席、個室(4名)1室、計12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A4出口から徒歩3分

電話番号 03-6262-7997
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル