×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

席数を絞ったお店で、つまみと握りのコースを堪能。月に一度の贅沢に、至福の時間を過ごしましょう。

既成概念を打ち破る“新しい寿司屋”誕生『鼓(つづみ)』@武蔵小山

子供の頃から料理が好きだった少年は、大人になって寿司職人になった。経堂の人気店で16年腕を磨き、独立の際に選んだのが生まれ育った目黒区。「地元への恩返しがしたかった」。

少年とは、昨年4月に開店した『鼓』の店主、谷本竜也さん。店名は長年続けていた和太鼓から付けたそうで、凛とした所作もその影響か。緩やかな弧を描くカウンターは数人で来ても話しやすく、どの位置からも彼の技を楽しめる最高の特等席。陣取れば驚きと感動が待っている。

「鼓」コース 13200円 ※内容は季節や仕入れで変わる

『鼓(つづみ)』「鼓」コース 13200円の一部 ※内容は季節や仕入れで変わる (左から)ソイ、甘海老、鰺、秋鮭、白イカ 繊細な包丁目を入れたネタ

「鼓」コースは17品前後と贅沢かつ充実の内容。口上は胃にやさしい野菜のすり流しから始まる。次に旬の肴、自家製アメリケーヌソースを添えたフライといった寿司屋らしからぬ独創的な品々も。緩急に満ちた構成は「新しい寿司屋」を目指す革新的な姿勢の表れだ。

一方、握りは緻密な伝統技の結晶。大事にするのはバランスで、自ら豊洲で仕入れる至高のネタ、それを生かす仕込み、包丁目、シャリの味、すべての仕事に気を配る。ちなみに最後に小肌を出すのは爽やかに〆てほしいからだそう。真摯な味の演目、粋なおもてなし……『鼓』の舞台は、心に響く。

『鼓(つづみ)』

[住所]東京都品川区小山4-2-3 ザ・シティ武蔵小山3階
[電話]03-6426-9015
[営業時間]17時~23時(22時LO)
[休日]月
[交通]東急目黒線ほか武蔵小山駅東口から徒歩3分

若き大将の全力投球つまみと握りが織りなす 流れるようなコース『おたや』@野方

初めて訪れる寿司店のカウンター席。中に立つ店主・御旅屋(おたや)さんのどこかあどけなく人懐っこい笑顔と、食べるのが大好きと主張する容姿を見て、ここは当たりだと確信する。店のオープンは今年の4月。「来てくれたお客さん全員としっかり向き合いたい」とカウンター7席のみの造りにした。

満足!満腹!全22品のコース 8800円 ※時期や仕入れで内容は変わります

『おたや』満足!満腹!全22品のコース 8800円の一部(赤身) ※時期や仕入れで内容は変わります 赤身は天身と呼ばれる上質な部位を使用。

ちなみに料理もその時々のおまかせコースのみで、コースの序盤にやってくるのが「本鮪の山かけ」から始まるつまみの数々だ。江戸前伝統の湯霜漬けにした本鮪はほどよく味が沁みて日本酒を誘い、オイルに浸しながらじっくり蒸したアワビの柔らかな身に気分も徐々に盛り上がる。石川芋を蒸したのでひと息ついたら、ここからは握りのスタートだ。

イカや白身などの淡い味わいのものから茶碗蒸しを折り返し地点にしてトロや北寄貝といった味も香りも濃いネタへと流れるように移行していく。元は社会人ラグビー選手という御旅屋さんのごっつい手から生み出される寿司は小ぶりで非常にデリケート。

やや強めに赤酢を効かせたシャリを舌に乗せればたちまち心地良くほどけてくれる。最後のお椀にたどり着いた頃にはすっかり心を絡め取られ、次のシーズンのネタを楽しみに再訪を誓うことになるはずだ。

『おたや』今年4月にオープン 雑居ビルに佇むカウンター7席の新店

[住所]東京都中野区野方5-3-1 野方ウィズ205
[電話]03-5356-7316
[営業時間]2部制/17時~17時半のスタート、20時~20時半のスタート
[休日]不定休
[交通]西武新宿線野方駅南口から徒歩3分

次のページ
隠れ家で堪能する五感に響く旨さ『鮨おにかい』@中目黒...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…