MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
四谷三丁目「遊猿」の名物は鉄板で焼き上げる「ジャンボ餃子」(中華料理/四谷三丁目)

四谷三丁目「遊猿」の名物は鉄板で焼き上げる「ジャンボ餃子」(中華料理/四谷三丁目)

「遊猿 (ユウエン)」は人気の“鉄板中華”。ワインや紹興酒など多彩なお酒と料理が気軽に楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》四谷三丁目「遊猿」の名物は鉄板で焼き上げる「ジャンボ餃子」(中華料理/四谷三丁目)の画像をチェック! navigate_next

遊猿(最寄駅:四谷三丁目駅)

豪快に鉄板で焼き上げる噂のジャンボ餃子

名物はカウンターの鉄板で焼く大きな餃子。ひとり1個で充分満足できる巨大なサイズはお見事のひとこと。一度蒸してから鉄板で焼いて皮にパリッとした食感を加えている。つまみにもいいが、〆に食べるのもおすすめだ。店主の大内さんは、毎日築地に足を運ぶそうで、鮮度のいい貝類や刺身を使った前菜も得意。またこれが酒とよく合うからたまらない。

鉄板大餃子
216円(1個)

黒酢にネギ、生姜、香菜と自家製の唐辛子醤を使ったタレがかかる

辣子鶏
1814円

唐辛子と山椒が利いたもうひとつの自慢料理は紹興酒とぜひ

前菜盛り合わせ
3218円(2人前)

盛り合わせならその日の前菜を色々食べられる

スパークリングワイン
972円

紹興酒
702円

お店から一言

目の前の鉄板で焼く香りや音も一緒に楽しんで。店主 大内誠也さん

遊猿(ユウエン)

写真:遊猿(ユウエン)の店内

[住所]東京都新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2階 [TEL]03-6274-8987 [営業時間]月曜日・火曜日・木曜日・金曜日11時半~14時(13時半LO)、月曜日~土曜日18時~23時 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター6席、テーブル18席、計24席/全席禁煙/夜は予約可/カードVISA、Masterのみ可/サなし、お通し代なし[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-6274-8987
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル