MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
四谷三丁目「遊猿」の名物は鉄板で焼き上げる「ジャンボ餃子」(中華料理/四谷三丁目)

四谷三丁目「遊猿」の名物は鉄板で焼き上げる「ジャンボ餃子」(中華料理/四谷三丁目)

「遊猿 (ユウエン)」は人気の“鉄板中華”。ワインや紹興酒など多彩なお酒と料理が気軽に楽しめる。

遊猿(最寄駅:四谷三丁目駅)

豪快に鉄板で焼き上げる噂のジャンボ餃子

名物はカウンターの鉄板で焼く大きな餃子。ひとり1個で充分満足できる巨大なサイズはお見事のひとこと。一度蒸してから鉄板で焼いて皮にパリッとした食感を加えている。つまみにもいいが、〆に食べるのもおすすめだ。店主の大内さんは、毎日築地に足を運ぶそうで、鮮度のいい貝類や刺身を使った前菜も得意。またこれが酒とよく合うからたまらない。

鉄板大餃子
216円(1個)

黒酢にネギ、生姜、香菜と自家製の唐辛子醤を使ったタレがかかる

辣子鶏
1814円

唐辛子と山椒が利いたもうひとつの自慢料理は紹興酒とぜひ

前菜盛り合わせ
3218円(2人前)

盛り合わせならその日の前菜を色々食べられる

スパークリングワイン
972円

紹興酒
702円

お店から一言

目の前の鉄板で焼く香りや音も一緒に楽しんで。店主 大内誠也さん

遊猿(ユウエン)

写真:遊猿(ユウエン)の店内

[住所]東京都新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2階 [TEL]03-6274-8987 [営業時間]月曜日・火曜日・木曜日・金曜日11時半~14時(13時半LO)、月曜日~土曜日18時~23時 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター6席、テーブル18席、計24席/全席禁煙/夜は予約可/カードVISA、Masterのみ可/サなし、お通し代なし[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-6274-8987
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。
由比ヶ浜駅と一体化しているディープな中華料理店。地域密着の家庭的な店だが、約20種揃う点心をはじめ、スペアリブのトーチ蒸しや漢方食材入りの薬膳火鍋など、本格中華が手頃に味わえる。
松濤にお目見えした中華料理店が打ち出すのは、化学調味料不使用で油控えめ、毎日でも食べたくなるやさしい味だ。すべての料理に上品な旨みをもたらすのが、親鶏と香味野菜をじっくり炊いた琥珀色のスープ。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
200views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt