×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・西小山の銭湯『東京浴場』です。

湯に浸かって寛いで 西小山に蘇った街の憩いの場

湯に浸かる前、まずはロビーが心地よい。壮大な書棚にマンガや本がびっしり。読書スペースでマンガに読みふける人。駄菓子コーナーをじっと見つめる子ども、ベンチでジョッキを傾けるお父さん。みんながくつろぐ居間のようだ。

西小山で60年以上営んでいた「東京浴場」が閉業したのは、2019年6月のこと。またひとつ名銭湯が消えた……ところが2020年7月、『東京浴場』は復活した。蘇らせたのは、銭湯代行業のニコニコ温泉株式会社。「また銭湯をやってくれてありがとう」。スタッフは、たくさんの地元の方々からお礼を言われたという。

生ビール、レモンサワー 各460円

『東京浴場』生ビール、レモンサワー 各460円、そのほかクラフトビール飲み比べセット980円など。駄菓子類や缶詰と、つまみもいろいろ

湯は、「ぬる湯」と「熱湯」。そして、井戸水を汲み上げた「樽水風呂」だ。これらに交代で浸かるのが「東京浴場流交互浴」。これ、ほんとに気持ちよい。

ブルーの天井と昔ながらの洗い場がかわいらしい。タイル画はヨーロッパをイメージして造られた

2度繰り返すと、コリも取れて体がふわっと軽くなったよう。ロビーに戻れば「あら、久しぶり」なんて声を掛け合う常連さんたち。銭湯は単にお風呂に入るだけの場ではない。みんなの憩いの場なんだなあと、湯上りビールをプハ~っとしながら思う。

『東京浴場』

東京・西小山『東京浴場』

[住所]東京都品川区小山6-7-2
[電話]03-6421-5739
[営業時間]5時~12時、14時~翌2時
[休日]火
[交通]東急目黒線西小山駅から徒歩1分

撮影/西崎進也、取材/本郷明美
※2023年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…