SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・桜台の銭湯『天然温泉 久松湯』です。

icon-gallery

初代の思いを新たなカタチで発信

銭湯が100あれば100の物語があるように、『久松湯』にもまたドラマがある。一瞬、美術館かと錯覚するスタイリッシュな姿は2014年に建て替えたもの。

もとは昭和31年に初代が脱サラで始めた木造銭湯だったが、東日本大震災を機に2代目が公衆浴場の役割や安全性を考えて刷新した。どうせなら皆がやらないことを――。構想2年、テーマは「銭湯であって銭湯らしくない建物」だ。

何より業界を驚かせたのが浴場壁面をスクリーンに見立てたプロジェクションマッピングだろう。自然光が降り注ぐ開放的な昼に対し、日没からは湯の流れや滴りといった映像パターンで光の演出を仕掛けている。

銭湯で最新アートの鑑賞とは時代も変わったもんだな……って感心してる場合じゃない。地下1500mまで掘削した天然温泉の露天風呂もまた人気。

『天然温泉 久松湯』露天風呂は地下1500mから湧き出る天然温泉

茶褐色の湯は肌に付いた水滴を舐めるとかなり塩気があり、つるんと潤う感覚だ。そんな話題性から多い日は1日1000人以上が利用することもあるとか。

『天然温泉 久松湯』日没から閉店までの間に光の演出が数回ある。時間は日によって変わる。パターンは4種類

「地域の人に喜ばれるコミュニティの場を、という初代の思いを現代の形で活かしました」と2代目。最先端を取り入れても「一番大事なのは居心地のいい清潔感」と揺るぎない。心は初代と同じである。

『天然温泉 久松湯』

東京・桜台『天然温泉 久松湯』

[住所]東京都練馬区桜台4-32-15
[電話]03-3991-5092
[営業時間]11時~23時(最終受付22時半)
[休日]火
[交通]西武池袋線桜台駅北口から徒歩5分

【湯上がりのちょい飲みはココで!】

深夜まで営業で湯冷めなし『昭和酒場 夕陽』

旬魚の刺身、創作串揚げ、〆にナポリタンなど幅広く美味を揃える。お酒もホッピー、サワー、日本酒と様々。深夜まで営業しているので、湯上がり後のんびりとお酒を楽しめるのがうれしい

レモンサワー 450円~、創作串揚げ 300円~

『昭和酒場 夕陽』レモンサワー 450円~、創作串揚げ 300円~

東京・桜台『昭和酒場 夕陽』

[住所]東京都練馬区桜台1-6-4
[営業時間]17時~翌12時半LO
[休日]無休
[交通]西武池袋線ほか桜台駅北口から徒歩1分

▶おとなの週末2024年1月号は「東京駅を食べ尽くす」

2024年1月号

撮影/橋本真美(トップ画像とプロジェクションマッピングの画像は『久松湯』より)、取材/肥田木奈々
※2023年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…