MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】セルリアンタワー東急ホテル「Oli」のホテルランチ|国産素材、旬の食材で作る大満足コース(渋谷)

【閉店】セルリアンタワー東急ホテル「Oli」のホテルランチ|国産素材、旬の食材で作る大満足コース(渋谷)

渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】セルリアンタワー東急ホテル「Oli」のホテルランチ|国産素材、旬の食材で作る大満足コース(渋谷)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】セルリアンタワー東急ホテル「Oli」(最寄駅:渋谷駅)

国産素材にこだわり旬の食材で作る大満足コース

取材時の肉料理は群馬の「上州せせらぎポーク」で、グリーンペッパーソースと豚肉が持つ甘みがベストマッチ。ムール貝も季節により旬の産地から取り寄せ、9月から福岡産が登場予定だ。

本日のランチコース 前菜とサラダの盛り合わせ、本日のパスタ、メインディッシュ、パン、本日のデザート、コーヒーまたは紅茶
¥3024

前菜は鮮魚のカルパッチョなど。メインに添えられたグリル野菜は香ばしさがいい

パティシエが作るデザート。取材時はほのかにラム酒が鼻を抜けるアプリコットショコラティエ

お店からの一言

支配人 鴨志田英司さん

「皆様のご予約をお待ちしております」

【閉店】セルリアンタワー東急ホテル「Oli」

[住所]東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2階 [TEL]03-5784-2188 [営業時間]平日ランチ11時~16時半(14時半LO)、ティータイム 14時半~16時半、ディナー17時半~23時(22時LO)、土・日・祝ランチ11時~16時半(15時半LO)、ティータイム 15時半~16時半、ディナー17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]テーブル82席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%(ランチを除く) [交通アクセス]JR山手線ほか渋谷駅南口から徒歩5分

電話番号 03-5784-2188
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
スイーツボックスを持ち帰れば、おうちがアフタヌーンティーを愉しむラウンジに!? 紅茶と一緒にぜひ。
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
外の緑が美しく、優雅で品のあるラウンジでは、大きなソファが置かれくつろげる。ここでは、ホテル自慢のアフタヌーンティーセットを予約したい。
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル