×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

「目指せ、理想の大人」をメインテーマに掲げて始まった、「ティモンディ前田裕太の“おとな”入門」。自身の経験や見聞きしたエピソードから思考を広げてきた「コラム形式」から、次のステップへと進みます!
その内容は、「お悩み相談」です。これまで約1年半のコラム連載を通して、食・あそび・勉強・旅…と、様々なテーマで「(理想の)大人とは?」について考え、目指してきた (そしてこれからも目指していく)前田さん。その経験を生かした視点で、皆さんから寄せられたお悩み相談に答えていきますよ◎第16回の今回は、ネットにあふれる様々な意見に、自分の好きな物への気持ちが惑わされてしまう…という、共感する方も多そうなお悩みです。

[今回のお悩み]

「否定的な意見を目にすると、自分の『好き』という気持ちが薄れてしまう気がします」

自分が好きな物や事はもちろん大好きなのですが、それについて、このネット時代、見たくなくても否定的や批判的な意見を目にしてしまいます。

その意見自体はいいと思うのですが、それを目にして以降、私の中の「好き」という気持ちになんだかその否定的な意見がシミのように残ってしまうのです。

他人の意見など気にしなくていいと思うのに、そのシミが気になって、前より「好き」な気持ちも薄れてしまったような気持ちになってしまいます。自分の好きな物への情熱が足りないのだろうかと悲しくもなります。

前田さんなりの、他人の意見をうまく受け流す方法などありましたら教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

物の価値を決めるのは「需要=肯定的な意見」のみ!

SNSに関する悩みを抱える人は多いですね。

世の中そりゃ色々な人がいるし、その色んな意見が1つの場所に集結するものなのだから、嫌な意見が目に入るのも当然。言葉は刃物にもなり得るのに、その自覚もなく刃を振り回している人も多くいますしね。

どんな道具も、使い方で便利にもなれば危険にもなる。その道具を、どうやって使ったらいいのか分からない人間ともSNSでは繋がってしまいますからね。対策は必須でしょう。

それはそうと、相談者の方は、自分の好きなものに対して否定的な意見を目にすると、好きなものへの気持ちそのものが減退してしまうようですね。

なんだか、こういう人って多いような気がします。周囲の意見で自分の気持ちが左右されてしまう、と言い換えてもいいでしょう。せっかく好きだと思えるものに出会えたのに、勿体無いですね。

これは、私は常々言っているのですが、ダイヤモンドって高価じゃないですか。あれって、ダイヤモンドに価値を感じて、欲しい、という人が多いから今の価格になっている訳ですよ。

それに対して「ダイヤなんてただの石ころだろ」という意見がいくらあったとしても、その価格に何も影響を与えないのは理解していただけるでしょうか。

世の中の物の価値は、需要(肯定的な意見)で決まり、否定的な意見は価格に意味を為さない

要は、否定的な意見なんて気にするな、ということなんですが、それが簡単にできれば悩まないですよね。

分かっていても、やっぱり人間は他人に影響される生き物ですからね。好きなものそのものの価値は変わらないと分かっていても、否定的な言葉を沢山目にすれば、その感情に引っ張られてしまう人の気持ちも分かります。

次のページ
人生とは、自分の“好き”を拾っていく旅...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

ティモンディ前田裕太
ティモンディ前田裕太

ティモンディ前田裕太

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…