SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★★★☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:イタドリ

イタドリは、日本中の野山に自生するタデ科の植物です。食用とされるのは新芽の部分で、見た目はちょっとアスパラに似ています。茎の中が空洞となっていることが特徴です。そのため、「すかんぽ」と呼ぶ地域もあります。

アクと独特の酸味があるため、美味しくいただくためには、アクと酸味抜きのため熱湯でゆがいた後、半日から1日ほど水にさらしておくという下処理が必要となります。

虎杖には痛みの緩和、止血作用などの薬効があり、古くから生薬として活用されていました。名前もその薬効に由来しています。

ケガをしたときに、患部にイタドリの葉を揉んでを擦り込むことによって痛みが取れることから「痛み取り」と呼ばれて、それが転訛して「痛取り(イタドリ)」となったといわれています。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

【野草:関連記事】創業は文久年間!老舗蕎麦店の人気メニューは「野草天セット」 東京・深大寺『元祖 嶋田家』

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…