MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鮨 はし本(寿司/神田)|ふわりととける江戸前穴子に感動!

鮨 はし本(寿司/神田)|ふわりととける江戸前穴子に感動!

神田エリアの寿司店「鮨 はし本」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。神田多町で11年続いた人気店「磯はな 神田店」が2017年8月、内神田の路地裏に移転。店名も内装も新しくなり、リニューアルオープンした。

perm_media 《画像ギャラリー》鮨 はし本(寿司/神田)|ふわりととける江戸前穴子に感動!の画像をチェック! navigate_next

鮨 はし本(最寄駅:神田駅)

握る前に軽く炙りふわりととける江戸前穴子に感動

1500円のランチは本マグロの中トロ、カンパチ、〆サバなど握り8貫に厚焼玉子、巻物、お吸い物が付く。シャリは富山産のこしひかりを使用。米酢を合わせ、口の中でのほどけ具合が抜群だ。ネタは常時約20種類揃い、自慢の穴子は握る前に香ばしく炙ったもの。口中でふわりととろけ、煮詰めのコクと相まってしみじみ旨い。

握り 八貫 巻物
1500円

本マグロの中トロ、カンパチ、スミイカ、赤エビ、赤貝ヒモ、〆サバ、子持ち昆布、穴子、鉄火巻。内容は仕入れにより変更。カウンターに座ると、1~2貫ずつテンポよく目の前に置かれる

海鮮ちらし
1000円

インドマグロの赤身の他、タコや釜揚げシラスなどがシャリの上に美しく並ぶ

穴子
400円

自慢の穴子は塩であっさり食べても美味。ランチでも、もちろんお好みで注文可能。1貫200円~

お店からの一言

店主 橋本真也さん

「苦手な食材があったら遠慮なくお知らせ下さい」

鮨 はし本の店舗情報

■『鮨 はし本』
[住所]東京都千代田区内神田1-9-12
[TEL]03-5577-4748
[営業時間]11時半~13時半LO、18時~23時(22時LO)※ランチタイム有
[休日]不定休
[座席]16席/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜のみお酒を飲む場合のお通し300円別
[アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩5分

電話番号 03-5577-4748
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル