MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)

カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)

ナポリタンの激戦区・新橋で半世紀近く愛される味と言えばここを忘れてはならない。原点はコーヒー店だが、店主の信夫健二さんが作る。カフェテラス ポンヌフ (Pont Neuf)[交]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》カフェテラスポンヌフ|ナポリタンが評判を呼んで行列店に!ヤミツキ必至特製トマトソース(珈琲店/新橋)の画像をチェック! navigate_next

カフェテラスポンヌフ(最寄駅:新橋駅)

レシピは
変えず、味を守っています


 近年は大病を経験したにもかかわらず、毎朝6時に来て1日分の麺20㎏を茹でるというから頭が下がる。終日の立ち仕事は無理だが、71歳になった今も「感覚を忘れないため」と夜はフライパンを振って調理するのだそう。

 味付けは牛豚の挽き肉や香辛料を入れた特製トマトソースとケチャップ。見事に調和された酸味、甘み、旨みが、太く柔らかい麺に絡まる。これぞ信夫さんのレシピ、ポンヌフの味だ。

スパゲティ・ナポリタン
650円

具はハム、玉ねぎ、マッシュルームなど。ケチャップのほか、ガーリックやブラックペッパーなどの香辛料と挽き肉を加えたトマトソースで炒める。牛と豚の挽き肉の旨みとスパイスの風味が全体を引き締めると同時に、味に絶妙な深みを与えている。店主の信夫さんが考えたレシピだ

ポンヌフバーグ
780円

合挽き肉を手でこねて仕込むハンバーグ。スパゲティとバターロール、生野菜が付いているので、好みでサンドにしても絶品

[その他のメニュー]
ハンバーグスパゲティ850円、カレー750円、ハンバーグサンド780円、ハンバーグカレー1000円、トースト400円、プリン420円、プリン&アイスクリーム530円など

カフェテラスポンヌフ

■『カフェテラス ポンヌフ』
[住所]東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1階
[TEL]03-3572-5346
[営業時間]11時15分~16時(15時半LO)、土曜日:11時15分~15時(14時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター6席、テーブル19席、計25席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR線ほか新橋駅汐留口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3572-5346
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル