SNSで最新情報をチェック

東京・南青山の青山通りと六本木通りを結ぶ「骨董通り」は、クラフトマンシップ溢れるショップやギャラリーなどが立ち並ぶエリアだ。約900mある通りの真ん中ほどに、日本の伝統技術を持つ作家や職人との共創を目指したカフェ「松葉屋茶寮」が2023年12月にオープンし、話題となっている。日本文化と伝統技術を体感できるカフェの魅力をお届けしたい。

icon-gallery

創業117年の老舗「縄屋 忠右衛門」のしめ縄がお出迎え

「松葉屋茶寮」に着くと、まずその店構えに驚く。入口には、神聖な場であることを表すしめ縄がシンボリックに飾られ、何とも言えない荘厳な空気を放っている。しめ縄は、明治40(1907)年創業「縄屋 忠右衛門」(東京都江戸川区)が手がけたこだわりのもの。内装は、日本の自然素材や古道具を取り入れ、伝統と現代の融合を反映したデザインに仕上げている。

「縄屋 忠右衛門」のしめ縄

店の奥には、6人まで腰掛けることのできるカウンターの茶席があり、その手前には盆栽や現代アート、器などの展示を行う「方舟ギャラリー」を併設している。侘び寂びを感じる静寂な空間の中、手仕事によって生み出されたものたちと対峙する、とっておきの時間を楽しもう。

ギャラリーを抜け、御簾をくぐると茶席が広がる

おススメは「二茶二菓」4000円、お茶を点てる光景を眺めながら過ごす

カウンターではお茶を淹れる光景を間近で観賞できるのがうれしい

「濃茶(こいちゃ)」や「季節の玉露」、「ほうじ茶」などのお茶と菓子、こだわりの酒などが堪能できる茶席にぜひ立ち寄ってみてほしい。おすすめは、2杯のお茶と2種の菓子が味わえる「二茶二菓」(4000円)だ。お茶は日本全国の生産者から直接取り寄せた有機栽培の7種の茶葉の中から、好きなものをセレクトできる。

香りを確認しながら茶葉を選んだら、お点前を楽しもう

目の前でお茶を点てる光景を眺めながら過ごすひとときは、いつもとひと味違う極上の時間。茶葉本来の風味を引き出すため、温度や抽出時間などにこだわって丁寧に淹れた一杯を、じっくり味わうことができる。

香りを確認しながら茶葉を選んだら、お点前を楽しもう
次のページ
話題の菓子ブランド「OKASHIYA」のスイーツ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

中村友美
中村友美

中村友美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…