×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

カリッ、サクッ。もちっ、ふわっ。「はぁ、おいしい。」そんな言葉が洩れるほど、食べるとあったかい気持ちになれる。そんな“癒やし系”トーストにスポットライトをあてました。バターにジャム、はちみつ、シナモン。やっぱりトーストはシンプルに限る!そんな“王道”の味をご紹介!

『カフェ・ド・エスポワール』 @門前仲町

バターたっぷりの分厚いおいしさは元パン屋の心意気

さいの目の切り込みの間をゆるゆるとろけていく黄色いバター。胸のあたりがきゅんとするのは幼い頃食べた母の味と似てるから?喫茶店のバタートーストは一瞬にして思い出を蘇らせるもの。懐かしい味は心までとろけさせる力がある。

元々パン屋だったこの店もそう。分厚く手切りした食パンを、昔ながらのガスオーブンの火力でこんがり焼いて、耳の端の端までバターをたっぷり。シンプルゆえにごまかしが利かないおいしさは誠実な仕事の表れだ。

バタートースト 500円

『カフェ・ド・エスポワール』バタートースト 500円 5cmほどの厚切り&バターにニンマリ♪これしか頼まない常連さんもいるとか

コーヒーはカップに並々と。マヨネーズもドレッシングもすべて手作り。先代の心意気を、仲良し夫妻が今日も守る。

『カフェ・ド・エスポワール』

[住所]東京都江東区富岡1-9-8
[電話]03-3641-4092
[営業時間]9時~17時 ※日・祝は~16時
[休日]土(1・15・28日は営業、翌月休)
[交通]地下鉄東西線ほか門前仲町駅1番出口から徒歩1分

『珈琲亭 ルアン』 @大森

昔ながらの銀のプレートで優雅なモーニング

創業時の昭和46年頃は店前に映画館が4軒も並んでいたそうだ。鑑賞後にコーヒーを飲みつつ語り合う人々が目に浮かぶよう。

実に半世紀以上、町と共に時を重ねてきた『ルアン』。変わらぬ名物が飲み物代+100円でトーストと茹で卵が付くモーニングサービスだろう。何と13時まで注文可。軽いランチでも使えるとは、懐の深さにうれしくなる。

モーニングサービス お好きなお飲み物+セット(トースト・バター&ジャム・ゆで卵)お飲み物代+100円

『珈琲亭 ルアン』モーニングサービス お好きなお飲み物+セット(トースト・バター&ジャム・ゆで卵) お飲み物代(写真はスペシャルブレンドコーヒー500円)+100円 ※13時まで 銀のプレートは昭和から使っているもの。トーストは+50円で厚さをダブルにするのもOK

銀色のプレートにセットしたトーストはサクッと軽やか。食パンは隣の老舗パン屋から仕入れるそう。「足りなくなると走って買いに行くんです」なんて聞くとほっこり。飴色の店内で過ごすひと時は、日常のささやかな贅沢だ。

『珈琲亭 ルアン』

[住所]東京都大田区大森北1-36-2
[電話]03-3761-6077
[営業時間]7時~19時、土・日・祝7時半~18時
[休日]水・木
[交通]JR京浜東北線大森駅東口から徒歩3分

『cafe gotoo カフェ ゴトー』 @大塚

トーストというかもはやこれは高級スイーツ!?

大塚の名店『洋食GOTOO』が手掛ける小さな町カフェ。「いらっしゃいませ!」と太陽のように明るい店長さんの声に頬がゆるむも、運ばれてきたシナモンハニートーストの見た目は「普通」。が、ひと口かじれば思わずひれ伏す。

バターの香ばしさが溢れ出す食パンに、ハチミツと濃厚なバニラの2種類の甘さとシナモンの苦みが程よくマリアージュされ、もはやトーストというより高級スイーツ。

シナモンハニートースト 450円

『cafe gotoo カフェ ゴトー』シナモンハニートースト 450円 濃厚なのに重くならず最後までいただける。スイーツを頼みづらい男性客からの注文も多いとか

その秘密は「二度焼き」。最初に軽くバターを塗ってさっと焼き、2度目はたっぷり塗りしっかり焼いてバターを染み込ませる。手間を惜しまぬ絶品トースト、一度お試しを。

『cafe gotoo カフェ ゴトー』

[住所]東京都豊島区南大塚3-51-2
[電話]03-3982-0144
[営業時間]9時~18時
[休日]水・日・祝(祝のある週は水も営業)
[交通]JR山手線ほか大塚駅南口から徒歩3分

『高山珈琲』 @神田

緑に囲まれた路地裏の名店で美味の恋に落ちる

とびっきり素敵な宝物を見つけた気分。アンティーク家具が並ぶ穏やかな店内の雰囲気は店主の人柄そのものだ。ここで出合ったシナモントーストにひと目ならぬひと口惚れしてしまった。それは一面の茶褐色。

齧ればじゃりっとシナモン&シュガーの芳香、バターが沁みたパンはうれしい厚切りで、甘じょっぱいおいしさが広がればもう夢心地。ああ、開けてしまった禁断の扉。

シナモン・トースト 650円

『高山珈琲』シナモン・トースト 650円 パンはホテルなどでも使われる卸専門店から。バターをたっぷり塗ることがコツ。リンゴジュースも付く

これに店主お手製のネルで淹れるコーヒーがたまらなく合うんです。要となるシナモン&シュガーは独自の配合、無添加の山型パンはやや硬めの特注。大胆なようで繊細な、秘密にしたい大人の味だ。

『高山珈琲』

[住所]東京都千代田区神田須田町1-12
[電話]03-3251-7790
[営業時間]8時~19時 ※時間の変更あり&材料が無くなり次第終了
[休日]金・土・日・祝
[交通]地下鉄丸ノ内線淡路町駅・都営新宿線小川町駅A1出口から徒歩3分、JR山手線ほか神田駅北口から徒歩5分

『ギャラリー珈琲店 古瀬戸』 @神保町

圧巻のアートに囲まれて味わう老舗の味

ジャングルの外壁や大迫力の内壁画に驚くも、トーストのボリュームにまたびっくり。厚切りの食パンが1枚半分、サラダにスープ付き

齧ればカリリと音がするほどバターが沁み込こんでおり、香りのいいシナモンがハチミツの甘さを中和してくれる

シナモントースト 740円

『ギャラリー珈琲店 古瀬戸』シナモントースト 740円 クリームで味を変えても。耳までシナモンたっぷり

どこか懐かしい味ながら、珍しいのは添えられたパンの耳。「年配の方には固いので切り落としていますが、もったいないので食べられる方はぜひ」と桜井店長。

バターを塗った粗めの食パンに切り込みを入れラップしておけば、すぐ出せるしバターが馴染んで一石二鳥なのだそう。異世界空間で老舗喫茶店の味をご堪能あれ。

『ギャラリー珈琲店 古瀬戸』『ギャラリー珈琲店 古瀬戸』1980年創業の本店『古瀬戸喫茶店』から8年後に開業し、画家の城戸真亜子さんが壁画を制作。貸しギャラリーも

[住所]東京都千代田区神田神保町1-7 NSEビル1階
[電話]03-3294-7941
[営業時間]10時~20時
[休日]無休
[交通]都営新宿線ほか神保町駅A7出口から徒歩1分

撮影/西崎進也(カフェ・ド・エスポワール、高山珈琲)、小澤晶子(ルアン)、小島昇(cafe gotoo、古瀬戸)、取材/肥田木奈々(カフェ・ド・エスポワール、ルアン、高山珈琲)、白石あづさ(cafe gotoo、古瀬戸)

2024年3月号

※店舗データに記載がない限り、予約可です。

※2024年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…