SNSで最新情報をチェック

全国には数多くの難読駅名が存在します。本コーナーでは、読み間違いが多い難読駅名を名前の由来だけではなく、特産品や地元グルメ情報とともにご紹介します。

読めば、うっかり読み間違えて恥ずかしい思いをするなんてこともなし! 難読駅を訪ねたくなること間違いなしです!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字の読み方に挑戦!!

難易度:★★★★☆

■難読漢字、駅名編の正解はこちら

正解:のぞきえき

及位駅は、JR東日本、奥羽本線の駅です。山形県内最北端、山形県と秋田県の県境に位置する駅で、現在は無人駅となっています。

及位駅の先には雄勝トンネルという長いトンネルがあり、トンネルを抜けた先は秋田県湯沢市です。

及位駅がある最上地域に立ち寄ったら味わってほしいのが、山形県の郷土料理にも認定されている「くじら餅」。米粉に砂糖、くるみを練り込んで蒸しあげて作られるお菓子で、この地域では桃の節句のお供え物として使われています。くじらの皮つきの脂身を塩漬けにした塩くじらに見た目が似ているからその名がついたといわれています。

駅名の由来は諸説ありますが、この付近で険しい断崖の端から宙づりになり崖の横穴を覗き込むという荒行を行った山伏が後に、高い位についた(及んだ)ことから「及位」と呼ばれるようになったという説が有力なようです。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字の読み方に挑戦!!

【山形県:関連記事】食べた駅弁は約500種!タベアルキスト・マッキー牧元さんが選ぶ駅弁ベスト3

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…