×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

全国には数多くの難読地名が存在します。うっかり読み間違えて恥ずかしい思いをした人も多いはず。

本コーナーでは、読み間違いが多い難読地名を名前の由来だけではなく、特産品や地元グルメ情報とともにご紹介します。

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】 何問わかる? 過去に出題された難読漢字の読み方に挑戦!!

難易度:★★★★☆

■難読漢字、地名編の正解はこちら

正解:おしゃまっぷ

北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村に位置する老者舞。難読地名の宝庫である北海道のなかでも有数の難読地名ではないでしょうか。

年間を通じて水温が低いことから1年中牡蠣を収穫できる地域として知られています。ここで水揚げされる大粒で身がふっくらした牡蠣は絶品。とれたての新鮮な牡蠣を購入できる牡蠣直売所は観光客に人気のスポットです。

また、昆布などの採藻漁業が盛んで、ここでとれる昆布は出汁とりだけではなく、食べても美味しい昆布として人気です。

地名の由来は、アイヌ語の「オ・イチャン・オマプ」。この言葉は、「川尻に鮭鱒産卵場がある」という意味だとか。 かつては鮭や鱒がこの地で卵を産んでいたのかもしれません。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】 何問わかる? 過去に出題された難読漢字の読み方に挑戦!!

【釧路:関連記事】「ドラマに登場する郷土料理やスイーツ」リピート必至の10選!

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…