×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、休日のドライブで聴きたくなる名盤を紹介します。今回は、松任谷由実のベスト盤『Neue Musik(ノイエ・ムジーク)』です。1998年にリリースされ、大ヒットしました。CD2枚組で、収録されているのは計30曲(初回プレス限定盤は計31曲)。「サーフ天国、スキー天国」や「DESTINY」など、フロントガラス越しに流れていく風景に合う曲が揃っています。

1976年11月に結婚、「荒井姓」から「松任谷姓」に

松任谷由実~ユーミンのすごい処は幾つもあげられるが、1976年11月、彼女のプロデューサーでもある松任谷正隆と結婚して、荒井姓を松任谷姓に変えたのもそのひとつだと思う。

多くのミュージシャンにとってデビューした時の姓名は例え本名にしろ芸名のようなもので、なかなか変えにくいと思う。桑田佳祐と結婚した原由子は今でもソロ名は原由子だ。山下達郎と結婚した竹内まりやも竹内姓で活動を続けている。ミュージシャンにとって芸名は自分の顔のようなものであり、それをスパっと松任谷姓に変えたのはすごいことなのだ。当時の音楽シーンでも荒井由実が松 任谷由実になったことが話題となった。

1973年のデビューからほぼ毎年アルバムをリリース

もうひとつのすごい点は、1973年11月リリースのデビュー・アルバム『ひこうき雲』から、21世紀のある時期 2002年11月の『Wings of Winter, Shades of Summer』まで、ほぼ毎年オリジナル・アルバムを発表し続けたことだ。しかも、1970年代後半から80年代前半は、1年で2枚も発表していた。

ニュー・アルバムを作って、ツアーを行なう。毎年それを行なうのは相当なエネルギーの持ち主でないと不可能だ。

「松任谷由実」の曲を集めた初のベスト盤

『Neue Musik(ノイエ・ムジーク)』

『Neue Musik(ノイエ・ムジーク)』は1998年10月にリリースされたベスト・アルバムで全31曲が収められている。 “Neue Musik ”は、ドイツ語でニュー・ミュージック。J-Pop以前のニュー・ミュージック時代から音楽シーンの先頭に常にいた彼女らしいアルバムのネーミングだと発売された時に思った。

『Neue Musik』は「松任谷由実」になってから発表した曲を集めた初のベスト・アルバム(荒井由実時代の曲のベスト盤が『YUMING BRAND』=1976年6月リリース)として大ヒットとなった。信じられないエピソードもあった。CDショップチェーン「タワーレコード」の当時の店長と、ユーミンが所属するレコード会社「東芝EMI」(当時) の宣伝マンから聞いた話だが、面白い問い合わせが全国からあったというのだ。

当時はすでにCD時代だったにも関わらず、全国のオールド・ファンから「『Neue Musik』は普通のレコード・プレーヤーで鳴らせるか」とか、「CDを聴いたことが無いのでどうしたら良いのか」という、信じられない問い合わせ が1日に数件あったというのだ。

嘘のような本当の話だ。このアルバムが、荒井由実時代にレコードでよく聴いていたが松任谷由実になってからは少し離れていたような旧来のファンにも、強いインパクトがあったことを証明している。

次のページ
名曲「DESTINY」の鈴木茂の短い歪んだカッティング...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

岩田由記夫
岩田由記夫

岩田由記夫

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…