MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
燗コーヒー 藤々(居酒屋/四谷三丁目)|やさしく沁みる気の利いた料理をお燗と一緒に

燗コーヒー 藤々(居酒屋/四谷三丁目)|やさしく沁みる気の利いた料理をお燗と一緒に

お燗と自然派ワイン、そしてコーヒー。この共通点は何か? それはやさしく体に沁みるような感じ。

perm_media 《画像ギャラリー》燗コーヒー 藤々(居酒屋/四谷三丁目)|やさしく沁みる気の利いた料理をお燗と一緒にの画像をチェック! navigate_next

燗コーヒー 藤々(最寄駅:四谷三丁目駅)

荒木町の路地を入ったところに、ふらっと寄りたい心落ち着く店がある。ご主人の藤極さんが目指したのは「居酒屋と割烹の中間のお店」。だからお椀もあるが、間口は広く、それひとつからアラカルトで楽しめる。和食らしい細やかさを持ちながら、吟味した素材の魅力を引き出した料理がいい。じっくり落ち着いて飲めることにこだわった日本酒は、お燗酒で30種類以上。女将の由衣さんが少し熱めにつけた燗は、冷めてきた頃合いもまた旨し。ぜひゆっくりと楽しみたい。

カマスの炙り イクラ掛け、玉櫻 純米山田錦70
2000円、850円

だだ茶豆を裏ごししたソース、軽く焼いた舞茸が全体をまとめる。「さっぱりした男の人のよう」な玉櫻が合う

クリアでやさしい味わいのコーヒーも

尾崎牛のたたき
2600円

しっかりした肉質で品のいい脂も

甘鯛と松茸のお椀
1050円

松茸の香り、甘鯛の味わい、カツオが利いたダシが燗酒と◎

冨玲阿波山田錦21BY
950円(一合)

「梅津のきもと」でも人気の梅津酒造の酒。「お燗につけると、お椀のダシにも、肉の脂にも、野菜にも合って、最初から最後までいけます」という藤極夫妻偏愛の1本!

お店からの一言

店主 藤極武志さん
女将 由衣さん

「楽しかったねと感じてもらいたいです」

燗コーヒー 藤々

[住所]東京都新宿区荒木町10-14 伍番館ビルB階 [TEL]03-6883-9898 [営業時間]月~土17時~23時(22時LO)、昼:火~金(不定休)11時半~14時、14時~17時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝[席]カウンター12席/予約可/全席禁煙/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-6883-9898
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル