MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(46) サッカーW杯開幕! 吉祥寺でロシアを食べる、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(46) サッカーW杯開幕! 吉祥寺でロシアを食べる、の件

6月14日からサッカーW杯がロシアで開幕だ。まあ、おっさん女子もお祭りに乗ってみようかしら? という軽い気持ちで、吉祥寺で食べることができるロシア料理をご紹介だ。 実は吉祥寺には、本格的ロシア料理の店があるのだった……。

サッカーW杯開幕! 吉祥寺でロシアを食べる、の件


6月14日からサッカーW杯がロシアで開幕だ。

まあ、おっさん女子もお祭りに乗ってみようかしら? 

という軽い気持ちで、吉祥寺で食べることができるロシア料理をご紹介だ。

実は吉祥寺には、本格的ロシア料理の店があるのだった。

その名も『カフェR』。

ちなみに開店当初はロシア・グルジア料理の店であった。

しかし最近は、ロシアとジョージア(旧グルジア)料理の店になっています。

ここからして本格派というのが、伝わる気がするけど、どうでしょう?



初めて入ったのは、モスクワに留学経験がある知り合いのおっさん女子Mと一緒であった。

夜、行ったのだが、ディナーコースではなくモスクワ女子Mのセレクトにより、アラカルトでオーダー。

食べながらいろいろ解説してもらったが、料理名と内容が1回の食事ではまったく理解できず、一切、覚えられませんでした(苦笑)。

ただ根菜や木の実、干し肉などを使っている印象があって、「現地でも保存が効く食材を多く使っている」との解説。

そうだよね、ロシアは寒いもんね。

特に冬の間は保存食が必要だよね。

あと、きのこのメニューがけっこうあったよ。

しかし、頼んだデザートがプチサイズなのに激甘で驚いていると、モスクワ女子M曰く「冬のマイナス20℃に耐える体脂肪が必要」とキッパリ。

そうですか、メタボのおっさんと親和性がありそう、と思ったおっさん女子であった(苦笑)。

イラスト/スタジヲワンツー


しかし、モスクワ女子のチョイス&解説がなくても『カフェR』のランチだったら大丈夫! 

ロシアの料理わかりません! 

知識ありません! 

という人向けに構成されたランチセットなんで安心だよ。

「ロシアを食う」ため、勝手に私のイチオシを解説しよう!


私のイチオシは、ランチセットBのピロシキ(肉)+ボルシチ+サーモンのブリニ包み+デザート。

しめて1080円(税込)である。

ピロシキはロシア料理としておなじみだけど、そのイメージとはちょっと違っている。

ひき肉&具を包んだ柔らかくて美味しいパンという感じ。

油で揚げないで、オーブンで焼いてあります。

わりとあっさり系。

別のランチセットでは野菜のピロシキもチョイスできます。

でもボルシチは期待を裏切らないビーツたっぷりの鮮やかな赤い色。

大きな特徴は、サワークリームがたっぷり入っていてコクがあります。

ただクリームを溶かし込んでいくと、どんどん微妙な色合いに……。


あとブリニ(ブリヌイとも言うらしいです)っていうのは、薄いパンケーキ状のものに、サーモン、サワークリーム、野菜をたっぷり包んで食べるという料理。

この店では状況的に包んであるっていうより、パンケーキに乗っかってきます。

これは、現地ではいろいろなトッピングがあってファストフードの専門店もある模様。

いろいろ包んで食べるのが定番のようです。

そして、ニッポンの夏・体脂肪の夏本番がやってくる!?


あとデザートですが、甘さは普通になっていました(苦笑)。

ちなみにりんごのケーキだったが、ホイップクリームがたっぷりかかっております……。

まあ、そこは基本なのかもしれない。体脂肪を貯えなくては……。

いや、日本はこれから夏……。

しかし、ランチBは女子的にはけっこうボリューミー。

小食の人、体脂肪を増やしたくない人は、ランチ時に夜のメニューもオーダーできるので、ビーフストロガノフの単品もいいんじゃないかと思う。

意外にもロシア的フードのようです。

しかも17時までランチセットのオーダーOK! 

ランチを食べはぐれた人にもおすすめだ。

ロシアビールもあるよ!

あとね、店内にマトリョーシカの顔ハメ写真が撮れるスペースが……(笑)。

W杯中のインスタ投稿にどうぞ。

映えるか、萎えるか、それは、知らん。


自己責任でよろしく(笑)。




しかし、そんなにロシア料理に前のめりじゃなくて、雰囲気だけでOKなんです……。

という人におすすめなのが連載39回でも紹介した『パンのT』。

ここには、揚げパン系メニューの流れでピロシキがあるんですよ。

けっこう売り切れているんで、実は隠れた人気メニューだと思うんだけど。

具は春雨とひき肉ので、パリっと揚げてある。

ちょっと春巻きっぽい中華テイストだけどね。

揚げたてが美味しいです。

おやつにぴったり&テイクアウトしてサッカーTV観戦にもおすすめだ。


まあ、吉祥寺でロシアをディープに攻めるか、ライトに行くかっていう感じですが。

ところで、日本代表は大丈夫なのか?






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
まずその店名に目を奪われる。“おっさん”こと店主の長岡作茂さんは、西麻布の人気鉄板焼き店で店主を務めた後、この店を開店。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt