MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

駅前に立つと大きな商業施設ばかり目に入るが、北千住は江戸四宿のひとつとして栄えた長い歴史を持つ街だ。四方八方に古い商店と史跡と旨い飲み屋があるので、ハマる人が続出中!

perm_media 《画像ギャラリー》ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)の画像をチェック! navigate_next

加藤商店

都内に数件残る今や希少な”いり豆屋”

『加藤商店』は、昭和5年(1930)に創業し、3代続くいり豆屋。釘を使わない木製ケースは今でも現役で豆を湿気から守る。
おススメは殻を手でむいた千葉産の落花生(約72gで400円)。機械剥きが主流の今、ツヤがあり余計な熱が加わらない手剥きの落花生は格別な味わいだ。


東京都足立区千住中居町19-8 [TEL]03-3881-2934 [営業時間]8時~19時 ※ランチタイム有 [休日]日 [交通アクセス]JR北千住駅西口より徒歩7分

千住宿 珈琲物語

器と香りを楽しむ大人のコーヒー空間

▲モーニングサービスセット 620円

『千住宿 珈琲物語』は、店内で生豆から自家焙煎した珈琲豆を使い、まろやかで贅沢な香りのコーヒーが味わえる。大正ロマン風の内装にカップや食器もマッチ。
トーストやアレンジコーヒーのバラエティも豊富だ。自家製ポテトサラダがついたモーニングは8時から11時半まで。


東京都足立区千住3-6 [TEL]03-3882-5524 [営業時間]8時~20時、日・祝9時~20時 ※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンター8席 テーブル42席 計50席 [交通アクセス]JR常磐線ほか北千住駅西口から徒歩5分

成田酒店

昭和元年創業、千住文化を広める酒屋

▲千住ねぎ焼酎やっちゃ場20度 720ml1143円(税別)※25度もあり

『成田酒店』はベルギービールなど多種揃うが、特に強いのは日本酒。店舗の奥には火入れ専用の酒保冷室があり、徹底した温度管理を行う。足立区のご当地ビールや焼酎の品揃えも豊富だ。


東京都足立区千住中居町25-12 [TEL]03-3881-6056 [営業時間]9時半~20時、日・祝10時~20時 ※ランチタイム有 [休日]水、第3日

サニーダイナー本店

▲ハラペーニョチーズバーガー 1490円

『サニーダイナー本店』のバーガーは、荒挽きで肉汁たっぷりのパティを地元のパン屋「ふらんすや」の特製バンズが受け止め、ボリューム大なのに不思議ともたれない。
ザクザク食感のフライドポテトも絶品!


東京都足立区千住3-45 [TEL]03-3881-3212(店舗)03-3888-3211(デリバリー) [営業時間]11時半~24時(LO 23時) ※ランチタイム有 [休日]無休[席]カウンター5席 テーブル8席 計13席 [交通アクセス]JR常磐線ほか北千住駅西口から徒歩5分

まんまる

▲ホッピー 378円、ポテトサラダ 324円、レバー 216円、シロ 216円

『まんまる』は、小さな飲み屋が集う「毎日通り飲食店街」の一角、ゆったりした店構えのもつ焼き屋。ひとりでも気ままに飲める。


東京都足立区千住3-58 [TEL]03-3870-8742 [営業時間]17時~23時(22時半LO) [休日]不定休 [席]カウンター6席 テーブル24席 計30席 [交通アクセス]JR常磐線ほか北千住駅西口から徒歩6分

江戸の内と外を繋いだ要衝地を歩く

JRほか各路線が5つも乗り入れする北千住駅の周辺は、巨大な商業施設や教育施設のビルが並び、一見すると均一化された新しい街に見える。しかし北千住は、何と言ってもその歴史的背景抜きには語れない。

徳川幕府が江戸と各地方を結ぶ五街道を整備し、江戸・日本橋に最も近い四宿のひとつが「千住」であった。旅の拠点であり松尾芭蕉の「奥の細道」も北千住から始まった。

旧日光街道は千住地域を南北に貫き、今も街道沿いを中心に多くの商店街がにぎわう。昭和の色濃い個人商店が多いが、高齢化が進む。いつか訪れてみよう……などと思わず、気になったらすぐに出かけてみることを強くお勧めしたい。

街中に残る江戸時代の建物と、長~く続く個人商店、そして新旧入り混じる飲食店の数々……これらが折衷して、まるでモザイクのように千住という街並みが出来上がっている。

また江戸の町割が今も路地として残り、思わず歩いてみたくなる細い道が多い。散策中は、住宅街の中や個人宅の庭先にお稲荷様の祠を多く見かけた。これも東京23区内では非常に珍しいはず。

うろうろ散策して、疲れたら数あるお店で一休み。江戸から昭和、そして平成の時の流れを体感できる街、それが北千住なのである。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
神楽坂で男ひとりでも平気な喫茶&甘味。しっとり大人の美味巡り。かつては文豪も多く暮らし、趣ある石畳の小道や料亭には今も花街の風情が残る、神楽坂。グルメライターがしっかり歩いて神楽坂の魅力探ってきました。
都内の人気エリアの一つ、高円寺。数多くある飲食店の中から、ここではおすすめのカフェを厳選してご紹介します。猫カフェなど流行のお店ではなく、昔ながらの雰囲気を保ちながらも新しいメニューを取り揃える、おしゃれな絶対に訪れるべきお店ばかりです!
中野のラーメンを人気グルメ雑誌のライターが覆面調査!究極の3杯を集めました!中野駅近でアクセス抜群の絶品店や、安くて美味しい名店、ミシュランガイドにも掲載された人気店です。店舗情報もあるので、ぜひチェックしてください!
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル