MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】早稲田で初代がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。|三朝庵(そば/早稲田)

【閉店】早稲田で初代がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。|三朝庵(そば/早稲田)

初代の曽祖父がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。その当時から鰹節、千住産の長ネギ、ヒゲタの醤油などは、ずっと同じ問屋から仕入れている。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】早稲田で初代がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。|三朝庵(そば/早稲田)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】三朝庵(最寄駅:早稲田駅)

歴史が培ってきた信頼が美味しさの秘訣

2代目の女将さん曰く、「長い付き合いがあると、変なものを持ってこれないでしょ」。カレー南蛮はダシの鰹節とカエシの醤油の風味がしっかり利いている。とりわけ最後にそば湯を注いで飲むスープはやみつきだ。

カレー南蛮そば
780円

三朝庵

[住所]東京都新宿区高田馬場下町62 [TEL]03-3203-6218 [営業時間]10時半頃~15時頃 ※ランチタイム有 [休日]木(不定休あり) [席]70席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅3a出口から徒歩3分

電話番号 03-3203-6218
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル