MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】早稲田で初代がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。|三朝庵(そば/早稲田)

【閉店】早稲田で初代がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。|三朝庵(そば/早稲田)

初代の曽祖父がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。その当時から鰹節、千住産の長ネギ、ヒゲタの醤油などは、ずっと同じ問屋から仕入れている。

【閉店】三朝庵(最寄駅:早稲田駅)

歴史が培ってきた信頼が美味しさの秘訣

2代目の女将さん曰く、「長い付き合いがあると、変なものを持ってこれないでしょ」。カレー南蛮はダシの鰹節とカエシの醤油の風味がしっかり利いている。とりわけ最後にそば湯を注いで飲むスープはやみつきだ。

カレー南蛮そば
780円

三朝庵

[住所]東京都新宿区高田馬場下町62 [TEL]03-3203-6218 [営業時間]10時半頃~15時頃 ※ランチタイム有 [休日]木(不定休あり) [席]70席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅3a出口から徒歩3分

電話番号 03-3203-6218
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
 庶民的な小さな商店街の一角。昭和32年創業の店は、町の食堂として親しまれている。
店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。
昔ながらの町の蕎麦屋然とした佇まいもいいのだが、蕎麦よりもラーメンの注文が多いというくらいの人気の店がこちら。
 創業は昭和10年、そしてラーメンは戦後すぐに誕生したという。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
206views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt