MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
シリンゴル(モンゴル料理/巣鴨)|羊の風味をダイナミックに味わえるモンゴル鍋

シリンゴル(モンゴル料理/巣鴨)|羊の風味をダイナミックに味わえるモンゴル鍋

巣鴨エリアの「シリンゴル」の「モンゴル鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。モンゴル語で野菜という意味の“ホイツァイ”。かの地で貴重な食材の野菜を入れるこの鍋は、宮廷料理だったそうだ。

シリンゴル(最寄駅:巣鴨駅)

今は「お正月に家族で味わうご馳走」とモンゴル人料理人のチンさん。 羊の骨や肉をじっくり煮出したスープは、ひと口含んだだけでも唸ってしまうほどの濃厚さ。とはいえあと味にピリッと唐辛子が利いているので、重さは一切感じない。スープを吸った野菜や春雨、ハツやレバーなどの内臓も、噛み締めるほどにパワフルな野性味が溢れ出る。羊好きにはたまらないこの鍋。もれなく遊牧民気分も味わえます。

ホイツァイ鍋(内モンゴルの野菜羊肉鍋)
3240円(単品)

香菜、白菜、キクラゲなどの野菜、春雨、羊肉や内臓がすでに煮込まれた状態で供される。立ち昇る香りも羊のコクたっぷり

ボーズ(大)(羊肉蒸し饅頭)
1個324円

羊肉ミンチが入った小龍包のような饅頭

チャンサンマハ(骨付き羊肉塩茹で)
1620円

シンプルに塩茹でした背骨部分の羊肉

席に着くとまず供されるのが、モンゴル風ミルクティーと羊乳チーズ、羊の脂で揚げたパンのセット

お店からの一言

料理長 チン・ゲルトさん

「本場の味わいを楽しんでね。クセになるよ!」

シリンゴル

■『シリンゴル』
[住所]東京都文京区千石4-11-9
[TEL]03-5978-3837
[営業時間]18時~23時
[休日]無休(臨時休業あり)
[座席]座敷10席、テーブル18席 計28席/分煙/予約可/カード可/サなし
[アクセス]JR山手線巣鴨駅南口から徒歩8分

電話番号 03-5978-3837
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
 タイやインドネシア、ベトナム、中国などアジア各国料理をAOC流にアレンジ。スパイスが香る本格派ながら、どこか華やかでワインやカクテルに合うと評判だ。Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)
渋谷神泉「パッポンキッチン(PAPPON KITCHEN)」のシェフはタイ・バンコクのレストランで11年、日本のレストランで16年間、腕を磨いた。タイ人のデンチャイさんが提供するのは、タイの一般市民が食べている日常食で日本では希少な料理が並ぶ。辛さは現地よりややマイルドに仕上げている。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
49views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt