MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
行列店の味を継承!浅草橋の隠れた絶品コロッケ『とんかつ 藤芳 駅前店』

行列店の味を継承!浅草橋の隠れた絶品コロッケ『とんかつ 藤芳 駅前店』

浅草橋のトンカツ店「とんかつ 藤芳」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。まずはそのまま食べてほしい。祖父が営んでいた精肉店でのレシピを元にしたコロッケは、口に含めば醤油がほんのりと香り、十分に美味なのだ。[住所]東京都台東区浅草橋1-11-4

perm_media 《画像ギャラリー》行列店の味を継承!浅草橋の隠れた絶品コロッケ『とんかつ 藤芳 駅前店』の画像をチェック! navigate_next

とんかつ 藤芳 駅前店(最寄駅:浅草橋駅)

行列店の味を継承した隠れた絶品コロッケ

さらにソースをかければ香辛料がイモの甘みをグッと引き立てるという具合で、様々な味わいを楽しませてくれる。とんかつやメンチなど、他商品とのセットメニューも多く、ぜひ1個は食べるべき逸品だ。

コロッケ定食
800円

なめらかな男爵イモに炒めた挽き肉と玉ネギ、さらに隠し味のカツ丼のツユなどを加えてタネを仕上げ、ラードでコク深く揚げる

バラかつ定食
900円

脂身を堪能したい人に特におすすめ。自家製ポン酢にはニンニクも入り、さっぱり感と豊かな風味、コクを生み出している

お店からの一言

店主 遠藤勝己さん

「自慢のフライ各種をぜひ味わいに来て」

とんかつ 藤芳 駅前店の店舗情報

■『とんかつ 藤芳 駅前店』
[住所]東京都台東区浅草橋1-11-4
[TEL]03-3865-2144
[営業時間]11時~15時、17時半~21時 ※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日
[座席]1階16席、2階20席 計36席/昼は全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし
[アクセス]JR総武線ほか浅草橋駅西口から徒歩1分

電話番号 03-3865-2144
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
開店のゴングが鳴ると、たちまち大行列が。有楽町に暖簾を掲げて58年。上質なラードで揚げるカツを頬張ると、サックサクの衣と溢れる肉汁に、もうめろめろ。
業界は豚肉の部位食べ比べの波がきている。コース専門の珍しいとんかつ料理店として昨年夏に開店したのが『銀座かつかみ』。
とんかつ好きなら誰もが憧れる高級とんかつ。それは一体、如何なるものか? ちょっぴり高いけど払うだけの価値があるその魅力を確かめに、潜入取材してきました。
ブランドビルが立ち並ぶ7丁目の路地裏。昭和2年に洋食店として創業し、昭和45年に現在のとんかつ店として暖簾を掲げた。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル