MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町のトンカツ店「気賀亭(きがてい)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大正7年(1918)創業で、今年で100年。こちらを訪れる人の多くが注文するメンコロのメンチとコロッケも、作り方は当時から変わらない。[住所]東京都台東区松が谷1-4-5

気賀亭(最寄駅:稲荷町駅)

食材の味を際立たせるメンチとコロッケの潔さに脱帽

赤身が多めの合い挽きで作るメンチの味付けは塩・胡椒だけで、ゴロゴロとした肉の旨みが濃厚。コロッケも調味料は一切使わず、ジャガイモの素朴な味がそのまま。持ち味を巧みに引き出す老舗の技をひしと感じる。

メンコロ定食
750円

毎朝6kgもの豚の背脂を炊き、絞り出した自家製ラードを使っている。メンチとコロッケは2種類あるうち粗めのパン粉を使い、高温でカラリと揚げる

特製とんかつ
1000円

とんかつは肉の味を生かすため、細かいパン粉を使用。低温でじっくりと揚げる。特製はポテサラ付き

お店からの一言

店主 豊田悦男さん

「コクがあってもたれないのはラードのおかげ」

気賀亭(きがてい)の店舗情報

[住所]東京都台東区松が谷1-4-5 [TEL]03-3844-4665 [営業時間]11時~14時半(LO)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]計30席/全席禁煙/13時以降は予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線稲荷町駅3番出口から徒歩2分

電話番号 03-3844-4665
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt