MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町のトンカツ店「気賀亭(きがてい)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大正7年(1918)創業で、今年で100年。こちらを訪れる人の多くが注文するメンコロのメンチとコロッケも、作り方は当時から変わらない。[住所]東京都台東区松が谷1-4-5

perm_media 《画像ギャラリー》稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!の画像をチェック! navigate_next

気賀亭(最寄駅:稲荷町駅)

食材の味を際立たせるメンチとコロッケの潔さに脱帽

赤身が多めの合い挽きで作るメンチの味付けは塩・胡椒だけで、ゴロゴロとした肉の旨みが濃厚。コロッケも調味料は一切使わず、ジャガイモの素朴な味がそのまま。持ち味を巧みに引き出す老舗の技をひしと感じる。

メンコロ定食
750円

毎朝6kgもの豚の背脂を炊き、絞り出した自家製ラードを使っている。メンチとコロッケは2種類あるうち粗めのパン粉を使い、高温でカラリと揚げる

特製とんかつ
1000円

とんかつは肉の味を生かすため、細かいパン粉を使用。低温でじっくりと揚げる。特製はポテサラ付き

お店からの一言

店主 豊田悦男さん

「コクがあってもたれないのはラードのおかげ」

気賀亭(きがてい)の店舗情報

[住所]東京都台東区松が谷1-4-5 [TEL]03-3844-4665 [営業時間]11時~14時半(LO)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]計30席/全席禁煙/13時以降は予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線稲荷町駅3番出口から徒歩2分

電話番号 03-3844-4665
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
開店のゴングが鳴ると、たちまち大行列が。有楽町に暖簾を掲げて58年。上質なラードで揚げるカツを頬張ると、サックサクの衣と溢れる肉汁に、もうめろめろ。
業界は豚肉の部位食べ比べの波がきている。コース専門の珍しいとんかつ料理店として昨年夏に開店したのが『銀座かつかみ』。
とんかつ好きなら誰もが憧れる高級とんかつ。それは一体、如何なるものか? ちょっぴり高いけど払うだけの価値があるその魅力を確かめに、潜入取材してきました。
ブランドビルが立ち並ぶ7丁目の路地裏。昭和2年に洋食店として創業し、昭和45年に現在のとんかつ店として暖簾を掲げた。
最新記事
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
美味満載の発酵食品は、知識がなくとも普通に旨い。でもその効果や働きを少しでも知れば、虜になるほど興味津々になること間違いなしです!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル