MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
老舗洋食店で味わう品格のある「カツサンド」!銀座『煉瓦亭』

老舗洋食店で味わう品格のある「カツサンド」!銀座『煉瓦亭』

銀座の洋食の歴史を物語る『煉瓦亭』は、ポークカツレツを日本で最初に出したことで知られる。それをパンにはさんだカツサンドもまた草分けのひとつ。

perm_media 《画像ギャラリー》老舗洋食店で味わう品格のある「カツサンド」!銀座『煉瓦亭』の画像をチェック! navigate_next

煉瓦亭(最寄駅:銀座駅)

変わらぬ真心とたゆまぬ努力でいまなお進化中

からりと揚げたとんかつにソースを絡めていったん置き、馴染んだら玉ねぎのスライスと共にトーストしたパンにはさむ。老舗洋食店ならではの手間を惜しまぬ仕事ぶりが光る。パンは銀座の食パン専門店『セントル ザ ベーカリー』の角食パンで、時間がたってもしっとりモチモチだ。

カツサンドウイッチ
1800円

こんがり焼いたパンと程よい厚みのとんかつのバランスがベストマッチ。ひと口大に切ってあるのも銀座の洋食店らしい品格を感じさせる。酸味が鋭い自家製ピクルスがいい合いの手だ

ドラフトギネス
800円

ハムサンドウイッチ
1600円

バターを塗ったハムサンドも上品

お店からの一言

店主 木田浩一朗さん

「カツサンドはお持ち帰りも人気ですよ」

煉瓦亭の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座3-5-16 [TEL]03-3561-3882 [営業時間]11時15分~14時15分LO、16時40分~20時半LO(土・祝20時LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]テーブル110席/全席禁煙/宴会のみ予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A10出口から徒歩4分

電話番号 03-3561-3882
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
容姿端麗なカツは着飾った憧れのお姉さんといった風情か。遠山シェフの故郷、熊本の天草ポークを使い、瑞々しさをキープするためオーダー後に塊肉から切り出して調理する。
清潔な調理場とコックの働きを見て、「(これなら、うまいだろう)と、おもい、私は入って見たわけだが、期待は裏切られなかった。」と著書に記したのが池波正太郎。まさにその通り、何を食べてもたいそう旨いのである。
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
最新記事
チャーハンを頬張る学生の横で餃子とビールを楽しむサラリーマン。大井町で長年愛される中華料理店の変わらぬ日常。
日本勢の金メダルラッシュに沸く東京五輪もいよいよ終盤を迎えます。アスリートの活躍を支える選手村食堂は、各国の選手がSNSに「食事がおいしい」とたびたびアップするなど好評です。前回1964年東京五輪の選手村食堂で料理長を務めたのは村上信夫氏と入江茂忠氏。この伝説の料理人2人がそれぞれ総料理長だった帝国ホテルとホテルニューグランドでは、世界のアスリートを魅了した当時のメニューが復刻され、話題を集めています。
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
みなさん、トマトはお好きですか? 西洋では「トマトが赤くなれば医者が青くなる」なんてことわざがあるくらい、味も栄養価も魅力的なお野菜。今の時期、特に美味しいトマトについて、農家さん&イタリアンのシェフと語り合いました!
昭和22年創業の餅菓子店の店内でいただけるのは、抹茶が主役のかき氷だ。メニューは抹茶のグレードにより普通・特選・極上に分かれ、氷は山梨県の天然氷・蔵元八義を使用。
get_app
ダウンロードする
キャンセル