MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
“旨いレモンサワー”の聖地・恵比寿7店をグルメライターがはしご調査!

“旨いレモンサワー”の聖地・恵比寿7店をグルメライターがはしご調査!

恵比寿はレモンサワーが旨い!そんな噂を確かめにライター肥田木が調査しました。国産レモンなど素材にこだわる本格派からフローズンスタイルのイマドキ店まで、そこはぐびぐび飲んでしまう、めくるめくレモンサワー新聖地だったのです!

恵比寿グルメ地図

恵比寿エリアのレモンサワーが本当に旨いお店情報をまずは地図でご紹介します!

レモンサワー戦線 恵比寿で激化中!

「旨い!」が 目白押しで もはや聖地化 !?恵比寿レモンサワー

レモンサワーあまり飲まないな~、と思ったそこのアナタ!逆に最近気になっているアナタ!騙されたと思ってこのページを読み進めてほしい。

その昔、爽やかだから〝サワー〟と名付けられたとも言われる昭和生まれのソレ。今や種類もさまざまで、特に恵比寿がアツいらしい。そう、私肥田木のミッションこそ、激戦区恵比寿のレモンサワー戦線実態調査なのだ。

撮影/西㟢進也(いまり)、大西尚明(それがし)、瀧澤晃一(おじんじょ) 取材/肥田木奈々

『晩酌屋おじんじょ』

多彩な味を用意し、レモンサワーの可能性を感じさせる!

隊長武内の指令で向かったのは居酒屋『おじんじょ』

▲シャリっと‼レモン酎 480円/牛スジ豆腐煮込み 580円/おじんじょのポ・テ・サ・ラ 580円


肥「隊長、事件です!レモンサワーが6種もありますっ」

この街でレモンサワーといえばココと言われるだけあって、広島県瀬戸田産のレモンを使った名物サワーがズラリ。
どれどれ、「いつもの生レモン酎」 は爽快感がどんな料理にも合う定番だし、「レモン塩de酎」も自家製レモン塩のパンチがヒット。それにしてもよくまあこんだけ種類を考えたもんだ。
カレー風味のポテトサラダなど人気料理と合わせて飲み比べるべし!

▲ミント香るレモン酎 480円/神明鶏の肉汁焼き 上(手羽むね・手前)1480円 下(もも肉)1480円

▲6種あるレモン酎は全て480円

『晩酌屋おじんじょ』[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-2-10 西牧ビル1階 [TEL]03-5784-1775 [営業時間]17時~24時半、金~翌2時、土・日・祝16時~24時半 [休日]不定休 [席]計25席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩5分

『お好み焼き いまり 恵比寿店』

スッキリさっぱり!レモン香る爽やかさと粉もんがベストマッチ

別の日はお好み焼きの『いまり』へ。

▲いまりのレモン酎 702円/昔ながらの大阪モダン 1080円

昼にデカ盛り調査をこなしてきた隊長は心なしか体が膨らんでる気もするが、構わず次々と粉もんを注文。
で、こちらの「いまりのレモン酎」は実に潔かった。国産レモンを漬け込んだ焼酎を使い、ほど良い炭酸で甘さナシ。雲ひとつない空のような清々しさが、キャベツたっぷりの大阪モダンと最強タッグなのだ。
ひと口飲めば甘いソース味もリフレッシュ。

▲おかんねぎ焼き 1296円

肥「ねえ、今気付いたけど周囲はカップルだらけじゃん」
私の隣はデカ盛りからのお好み焼きでパンパンに膨らんだ風船みたいな隊長。エエイ、レモン酎お替わりっ。濃いめでっ!

『お好み焼き いまり 恵比寿店』[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 [TEL]03-6455-0993 [営業時間]18時~翌1時(24時LO)、土・日・祝17時~ [休日]年末年始 [席]計26席/喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩5分

『恵比寿それがし』

和食店が生み出した橙色の奥深き1杯にもうメロメロ

お次は「いまり」のすぐお隣、和食と純米酒が自慢の『それがし』へ。

ちょいと隊長、純米酒の店でレモンサワーなんて頼んだらバカにされるんじゃないのぉ?こう見えてアタシ小心者なの。「リ、リ、リッチレモンサワーを」と店員さんと目を合わせないよう控えめに注文する。やってきたそれは。

▲リッチレモンサワー 756円/お刺身盛り合わせ 1人前1080円(写真は3人前)

んめっ!目玉が3㎝ぐらい飛び出た。
ほんのり橙色の液体にレモンスライスが数枚浮かび、レモンのほろ苦さと酸味、シロップの甘みが三位一体。炭酸もシュワッと利いて完成度の高いカクテルのようだ。シロップ作りに和三盆などを使って和の要素を加えているからか、上品な甘さが繊細な和食にもしっくりくる。

「いまり」といい、全く違うスタイルを出す隠れた名店が同じビルの隣同士なんて。はしごしない手はないでしょ。

▲牡蠣の焼き寿司 972円 濃厚な旨みがさわやかなサワーに合う!

『恵比寿それがし』[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 [TEL]03-6416-3981 [営業時間]17時~翌1時(24時LO)、日・祝15時~23時(22時LO) [休日]年末年始 [席]計34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩5分

まだまだ あります!思わず「旨い!」のレモンサワー

ほかにも『タイ屋台ラオラオ』ではシャリシャリと楽しいフローズンタイプを、唐揚げが名物の『らんまん食堂』ではレモンスムージーやシロップが入った女子受け抜群の数種類を、『博多うどん酒場イチカバチカ』では氷結レモンを入れるアイデア溢れる一杯を、そして魚が旨い『魚屋きいもん』では生搾りのフレッシュさに唸った。

『タイ屋台ラオラオ』

シャリッとした味わいが、生春巻や 独特な辛さのタイ料理と合う!

▲生スーパータイサワー・パッポン(レモン) 小520円 大810円/プリプリ生春巻き 1本250円

『タイ屋台ラオラオ』[住所]東京都渋谷区恵比寿4-4-14 [TEL]03-5793-3773 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~翌1時(24時LO)、土・日・祝12時~15時半(15時LO)、17時~翌1時(24時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩2分

『らんまん食堂 恵比寿店』

唐揚げとレモンサワーが名物の店。両者が合わないワケがない!

▲純レモンサワー、タカレモンサワー、王様のレモンサワー 460円、530円、720円/鶏ももからあげ(しょうゆ) 460円

『らんまん食堂 恵比寿店』[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-4-1 [TEL]03-5489-4129 [営業時間]11時半(土・祝12時)~14時半LO、18時~23時LO(土・祝17時~21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩3分

『博多うどん酒場イチカバチカ 恵比寿店』

博多の味との相性は抜群!

▲一八レモンサワー 600円(中おかわり300円)/びっくり焼き 580円

『博多うどん酒場イチカバチカ 恵比寿店』[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 [TEL]03-5724-3130 [営業時間]11時~15時半、17時~翌2時、土12時~24時(日・祝~23時)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩3分

『魚屋きいもん』

軽やかな酸味でグイグイ飲める!

▲ジャンレモ 648円/刺盛り 2人前1728円

『魚屋きいもん』[住所]東京都渋谷区恵比寿1-26-15 [TEL]03-5420-1232 [営業時間]17時~24時半(23時半LO) [休日]不定休 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩6分

もはや恵比寿はレモンサワーの新聖地。最後まで読んで下さった皆さま、ほら、シュワッと爽快な一杯、飲みたくなったでしょ?

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
2931views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt