MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
寿司も一品料理も旨い!東京でおすすめ 飲める寿司屋5選

寿司も一品料理も旨い!東京でおすすめ 飲める寿司屋5選

寿司屋といえば、忘れてならないのが“寿司前”。刺身はもちろん、煮物、揚げ物といった一料理たちを、こだわりの酒でまずは楽しむ。そして〆には端正な握り。そんな盃も貫も進んでしまう秀逸店も探し出してきました!

撮影/大西尚明、西㟢進也(O寿し1)、小澤晶子(いっき) 取材/肥田木奈々、菜々山いく子(いっき、あげまき)、池田一郎(O寿し1)

にぎり屋 八べゑ(最寄駅:秋葉原駅)

秋葉原でベテラン職人の握り寿司が1貫100円!

▲玉子100円から本マグロの中トロ250円までおすすめ10貫
(写真は、アジ、黒瀬ブリ、イワシ、ネギトロ、イクラ、中トロ、真鯛、マグロ赤身、イカ、玉子)

ベテラン職人による握りが1貫100円から、それも築地をはじめ、オーナーの故郷・八戸の漁港から空輸で届く朝獲れ鮮魚など、新鮮で質の良いネタがこの破格とは涙。赤字覚悟の握り「赤富士盛り」は黄金に輝くウニがこれでもかと山盛りだし、生本マグロの大トロだって1貫350円と聞けばもう駆け込むしかない。

▲銀鯖の炙り 880円

八戸市の沖で漁獲される名産のサバの内、一尾550g以上を「銀鯖」と呼ぶ。その〆サバを炙りにした人気の品。


[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-28 星野ビル1階 [TEL]03-5823-4338 [営業時間]11時半~14時、17時~23時、土17時~22時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席] 27席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩4分

O寿し1(最寄駅:西荻窪駅)

粋な握りと、魚と、日本酒とつまんでもつままなくても楽しい

▲おまかせ10貫 2800円

西荻窪、O寿し1(おすしいち)はガラス張りのエントランスに、カナダの古材を使ったカウンター。「寿司屋っぽくしたくなかった」と大将の松田さんがいうように、寿司屋然とした感じはない。

寿司はつまんでもつままなくても、旨い魚をアテに一杯。そんな自由なアプローチができるのがうれしい店だ。とはいえ、姿の美しい握りを見ればおわかりの通り、ピシッと仕事のされた寿司は粋で旨い。

▲甘鯛の一夜干し 1000円

味の凝縮した甘鯛の一夜干しからムツの煮付けまで、さすがに魚の旨さをよく知った、かつ酒飲み心をくすぐる料理が揃う。そうしたアテに合うきれいな造りの酒がモダンにセレクトされてるのもまたうれしい。


[住所]東京都杉並区西荻北3-30-11 パルファン地下1階 [TEL]03-6913-6786 [営業時間]17時~翌1時(24時半LO・早仕舞いあり) [休日]水・祝翌日 [席]30席/予約可/全席禁煙/カード可/お通し代300円、サなし [交通アクセス]JR中央線西荻窪駅北口から徒歩3分

酒・肴・寿司 いっき(最寄駅:乃木坂駅)

西麻布で唯一無二の高コスパ寿司!極上ネタを美味しく安く

▲本日のおまかせ握り10貫 3218円
(写真は、中トロ、赤身、ウニ、イクラ、芽ネギ、小肌、カワハギ、ノドグロ、ボタンエビ、穴子)

高級店がひしめく西麻布で、お値打ちの寿司と肴を味わうならここを置いて他にない。使用するのは、今築地で最も勢いのある仲卸「やま幸」から仕入れる生本マグロをはじめ、料理長が早朝から市場に足を運び、目利きして選んだ極め付きのネタばかり。

▲のどぐろしゃぶしゃぶ 4298円(写真は2人前)

「のどぐろしゃぶしゃぶ」をはじめ、寿司にも使う新鮮な魚介を使った贅沢な一品料理も抜群のウマさだ。それらをつまみに、日本酒や焼酎を思う存分堪能したら、シメの寿司に、またもや感動! 飲んだ後の胃にすんなり収まる小ぶりな握りを頬張れば、舌の上でネタと一体となり心地良い余韻をもたらしてくれる。


[住所]東京都港区西麻布2-10-1 西麻布アジアビル4階 [TEL]03-6419-7867 [営業時間]18時~23時半(23時LO) [休日]日(月が祝日の場合は営業し、翌月休) [席]22席/分煙/予約可/カード可/サ・お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線乃木坂駅5番出口から徒歩9分

とりあへず(最寄駅:四ツ木駅)

旬材料理だけでなく、旨い寿司まである居酒屋発見!

▲おまかせ寿司 1300円

居酒屋ながらお通しとして出されるのは、なんと寿司2貫で、しかもこれが旨い。実は大将は葛飾区で一番の老舗と言われた寿司店の4代目だった人物。しかし、もっといろんな料理を手がけてみたい! と実家を飛び出し、開店させたのがこの店だ。

▲さんまの友肝焼き 650円、あん肝 580円、お通し2貫 300円
肝と醤油で作ったタレに漬け込み、日陰干ししたサンマを香ばしく焼き上げた「友肝焼き」、秋の口福「あん肝」、奥はお通しの2貫で、ヅケとサーモンのユッケ風(季節で変わる)。

32年に渡り鮮魚、旬菜を用い、和食に限らず洋食も「ここでしか楽しめないものを」と提供し続けている。寿司もお通しだけでなく、美味しいもののひとつとしてメニューに並ぶ。仕込みに決して手を抜かない老舗由来の握りを〆に、佳酒佳酒を楽しむ人が後を絶たない。常連になりたい1軒だ。


[住所]東京都葛飾区四つ木2-8-8 [TEL]03-3697-6306 [営業時間]17時半~23時(22時20分LO) [休日]火(祝の場合、翌水休) [席]34席/全席喫煙可/予約可/カード不可/お通し代300円別 [交通アクセス]京成線四ツ木駅1番出口から徒歩9分

寿司居酒屋あげまき(最寄駅:恵比寿駅)

寿司の伝統と革新をカストリソーダで味わう

▲握り特選十二貫盛り 3024円

寿司には日本酒。そんな固定概念を見事に打ち破るのが、酒粕から作る蒸留酒“カストリ焼酎”のソーダ割りだ。立ち上る泡によって豊かな香りが鼻先で弾け、天然のネタを赤酢のシャリで握る江戸前寿司を引き立ててくれる。

▲雲丹と炙りフォアグラいなり 810円、鰻とクリームチーズいなり 734円

また、伝統を守りつつ革新にも挑戦。いなり寿司にトリュフやフォアグラ、クリームチーズなど洋の要素を取り入れた創作いなりも名物で、ふっくら炊かれた油揚げとそれそれの食材の組み合わせの妙に唸るばかり。ハマグリ出汁のおでんをはじめ、カストリソーダが進むつまみも豊富に揃えている。


[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-10-3 プラネックスアンペール1階・地下1階 [TEL]03-6427-0486 [営業時間]17時~23時半(22時半LO)、土・祝14時~23時(22時LO) [休日]日 [席]48席/分煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩6分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
グルメライターが調査した「新宿エリア」の旨い寿司屋の中から、特におすすめしたい情報を厳選してまとめました!食べ放題からカウンターで少し高級感を味わえるお店まで多種多様!予算やシーンに応じてご利用ください!
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
21429views 東京都 寿司特集
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
15158views 東京都 寿司特集
グルメライターが東京都内の[駅チカの寿司]を実食レポート・気軽に入れて、1貫ずつ好きな量だけ食べられる。江戸時代の屋台寿司を思わせる立ち食い寿司こそ、寿司の原点といえよう。都内を中心に調査した結果、都内の駅チカ店に良店が多いことが発覚。粋に食べられる4軒はココだ!撮影/鵜澤昭彦(まぐろ人) 取材/赤谷まりえ
25533views 東京都 寿司特集
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
「海が育てたものが旨いんだからさ」、そう言って天然ものにこだわるご主人の気風のよさが心地いい。プリプリの大きなエビがポンとのり、見るからに新鮮、ピカピカの魚介が並ぶちらしは、いいんかい? ってくらい上等だ。
サバジェンヌ的に、なんだか足りてないなあ、と思うジャンルがあった。 それは「サバチャイニーズ」。 中国ではサバを食べるにも関わらず……残念だなあと思っていたジェンヌのもとに、ビッグニュースが届いた。 「『サバの焼売』を提供している店があるらしい」 キャー!! 喜び勇んで向かったのは「Tokyo焼売マニア」。 なんと焼売の専門店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt