MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。

まぐろだけボーノ 白川(最寄駅:六本木一丁目駅)

丁寧な仕込みが生む味と値段に大満足のマグロだけの店

▲葱とろ丼 800円、三色丼 1200円

約20年前の創業時からメニューはまさにマグロだけ。とび切りのネタをリーズナブルな価格で味わえるのは、店主・白川さんのマグロ愛のなせるワザなのだ。
丼は他に「赤身丼」(730円)と「赤身とろ丼」(950円)があり、酢飯の大盛りは+100円。


[住所]東京都港区六本木2-3-3 三重ビル1階 [TEL]03-3505-6088 [営業時間]11時半~15時頃、18時~※昼も夜もネタが無くなり次第終了 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄南北線六本木一丁目駅3番出口から徒歩3分

板前寿司 江戸(赤坂見附駅・赤坂駅)

極上本マグロの3種の味を食べ比べ!

▲最強まぐろ丼 1000円

ランチのおすすめは「最強まぐろ丼」。主役のまぐろは、築地で信頼の厚いまぐろ専門仲卸「やま幸」から仕入れる天然本まぐろを使用。スッキリした味わいの赤身、脂ののりが最高の中トロ、ねっとりして甘みのあるネギトロ。3種類が織り成すハーモニーに幸せな気分に浸れる。

▲佐賀牛 A5大とろレアステーキうにのせ 680円


[住所]東京都港区赤坂3-9-2 No.R赤坂見附1階 [TEL]03-5797-7347 [営業時間]11時半~23時半(23時LO)、土・日・祝11時半~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター14席、テーブル4席×7卓、6席×1卓 計48席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お酒を飲む方はお通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか赤坂見附駅10番出口からすぐ、千代田線赤坂駅2番出口から徒歩6分

まぐろんち 高円寺ガード下店(最寄駅:高円寺駅)

高円寺、まぐろ専門店の名物100円「マグロ中落ち」は数量限定

▲マグロ中落ち 100円※数量限定。1テーブル1食まで

厳選されたマグロを刺身、焼き、煮付け、串、揚げ、丼と、さまざまな食べ方で堪能できる高田馬場の人気店[まぐろんち]の2号店[まぐろんち 高円寺ガード下店]。まぐろ専門店だからこそ実現した「脳天」や「頰肉」も599円という高コスパが魅力だ。


[住所]東京都杉並区高円寺南3-67-1 [TEL]050-5593-8600 [営業時間]17時~24時(23時LO)、土・日・祝15時~24時(23時LO) [休日]不定休 [交通アクセス]JR中央線・総武線高円寺駅北口から徒歩3分

ニッポンまぐろ漁業団(最寄駅:新橋駅)

マグロの食べ比べができる注目店!

▲まぐろ尽くし 2人前・1490円 異なるマグロの種類や部位の6つを食べ比べられる!

メニューには刺身に焼き物、揚げものなど、本当にマグロ料理がずらり。と、我々は笑顔なのだが、実は後継者不足などにより、漁師には必ずしも明るい未来ばかりではないのだとか。そんな現状を知ってもらおうというのも、この店のコンセプト。美味しく食べつつ、マグロへの理解を深めてほしい。

▲まぐろカマのスペアリブ 990円 この日は「勝栄丸」が太平洋で獲ったバチマグロを使用、脂も十分で旨かった。


[住所]東京都港区新橋2-14-3 新橋レンガ通り会館4階 [TEL]03-3539-4035 [営業時間]16時〜24時(金・祝前日は〜翌3時) [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄銀座線 新橋駅 徒歩1分、JR 新橋駅 徒歩1分

立ち寿し 恵み 神田店(最寄駅:神田駅)

マグロ仲卸問屋経営の良心店!

▲大間産 生まぐろ、赤身 150円(1貫)、100円(1貫)

2017年7月12日開店。築地のマグロ仲卸業者が直営し、大間のマグロなどを驚きの価格で提供する。
仲卸のパイプの強みで、格安寿司の「安かろう悪かろう」のイメージを覆す。滑らかな舌触りのマグロの他、ウニ(200円)の新鮮さにも脱帽。

[住所]東京都千代田区鍛冶町2-13-1 [TEL]03-5256-7721 [営業時間]11時~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 

玉菊(最寄駅:有楽町駅)

▲まぐろ中とろ刺 980円 築地の専門業者から仕入れるインドマグロの刺身は大胆に分厚くカット。脂身の多い部分と赤身に近い部分を盛り合わせる。素材がいいので醤油やワサビを使わず味わう人も多い

ガード下で65年
有楽町のガード下を歩いていて、「インドマグロの玉菊」という居酒屋の看板を目にしたことがある人は多いんじゃないだろうか。

「以前はほかのマグロも扱っていたんですが、特にインドマグロの刺身がお客さんに評判が良くてね。だったらそれで勝負してみようと決めたんです」
とりわけ、中とろの刺身は今もほとんどの客が注文する人気メニュー。分厚い身はボリュームたっぷりで、これが980円で味わえるんだから頭が下がる。

▲まぐろカマ焼き 770円 脂がたっぷりのったインドマグロのカマを、特製のタレに24時間漬け込みオーブンで焼く。甘辛味でご飯にも酒のつまみにも合う。数に限りがあるので、売り切り御免の逸品だ。


[住所]東京都千代田区丸の内3-6-10 [TEL]03-3215-8027 [営業時間]11時~14時、17時~23時25分、土・日・祝11時~23時15分 [休日]年始 [席]テーブル席25席 計25席/全席喫煙可/金曜以外予約可/カード不可/サなし、お通し150円別 [交通アクセス]JR山手線ほか有楽町駅国際フォーラム口から徒歩1分 ※仮店舗の情報は変更することがあります※『玉菊』のメニューの価格はすべて税抜きです

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1096views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20328views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
143views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt