MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
インパクトありすぎの進化系「目玉焼き」!神泉『オルランド』

インパクトありすぎの進化系「目玉焼き」!神泉『オルランド』

たっぷりのオリーブオイルと、少量のバターで揚げ焼きにした目玉焼き。雪のように上にかかっているのは、黄金色のボッタルガ(イタリア産のカラスミ)だ。

オルランド(最寄駅:神泉駅)

卵と卵が織り成すハーモニー 素材の出合いに感動必至

熱でとろり濃縮した黄身に、バターのコクが加わったカラスミが交わり、濃厚な香りとなめらかな食感が口中をくすぐる。「神奈川県の三浦で仕入れる若鶏の卵は、よくある日本の卵よりさっぱりしていて、黄身の伸びがいい。だからイタリア料理にぴったりなんです」と教えてくれたのは、店主の小串貴昌さん。シンプルな卵料理だからこそ、黄身の風味が味わいに大きく影響するため、同店の味にぴったりの卵が選び抜かれている。美味しさだけでなく、素材の味を最大限に引き出すプロの絶妙な技とこだわりまで堪能できるひと皿。ワインとパンと合わせてぜひ!

若鶏卵のカラスミがけ
1300円

濃厚な味わいの目玉焼きは、柑橘系の香りがする白ワインなどにぴったり

シラスと青唐辛子のフリッタータ
1000円

イタリアのオムレツ、フリッタータ。ふんわりとした釜揚げシラスに、フレッシュな青唐辛子の辛さがピリリと重なる

アリスタ(豚の骨つきロース肉のオーブン焼き)
3700円

見ただけでも元気になりそうな分厚い肉の塊! スパイスと香味野菜の複雑な香りが肉本来の味をひきたて美味

お店からの一言

店主 小串貴昌さん

「ひと皿ずつ、大胆で新鮮な驚きを感じてもらえたらうれしいですね」

オルランドの店舗情報

[住所]東京都目黒区青葉台3-1-15 [TEL]03-6427-0579 [営業時間]18時~翌1時LO [休日]日 [席]全18席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]京王井の頭線神泉駅南口から徒歩8分

電話番号 03-6427-0579
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
東京都清瀬の契約牧場で深夜に搾られた生乳を、その日の朝にチーズ職人が店舗で加工して提供。鮮度抜群のフレッシュチーズは、さっぱりしつつもコクがあり、ミルク感がたっぷりの上質な美味しさ。
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かプレオープンか、オープン当日だったはずだ……。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt