MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(78) 吉祥寺でステーキを食べるなら、迷わず老舗です、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(78) 吉祥寺でステーキを食べるなら、迷わず老舗です、の件

おっさん女子が吉祥寺でステーキを食べるなら、もう東急デパート横の『B』の一択です。 ビル内のお店はすべて系列店でB1はバー、1Fはカフェ、3Fが高級焼肉屋ですが、私が目指すのは2Fの炭焼きステーキです。 ちなみに私は『B』でステーキを食べるときは、ほぼ100%ご馳走される系ですが……。

吉祥寺でステーキを食べるなら、迷わず老舗です、の件


おっさん女子が吉祥寺でステーキを食べるなら、もう東急デパート横の『B』の一択です。

2018年秋に35周年を迎えた『B』は、果物の名前がついた、あのアンティークなビルの店ね! 

ビル内のお店はすべて系列店で、B2は会席料理でB1はバー。

1Fはカフェ、3Fが高級焼肉屋ですが、私が目指すのは2Fの炭火焼きステーキです。


ちなみに私は『B』でステーキを食べるときは、ほぼ100%ご馳走される系です。

ここで自分のお金を出したことは、一度たりとてありません。

というか、私は吉祥寺では『B』以外で、ステーキは食べません(キッパリ)。

私にとって高級ステーキは、年に1~2回のイベントなのです。

そして一緒に行くお相手は、年上のご婦人と決まっています。

『B』で年上のご婦人とステーキを楽しみ、そしてご馳走してもらう。

これが私の“吉祥寺でステーキ”の設定なのです。

絶対に揺るがない(キッパリ)!

初めてこの店に行ったとき、そのような設定で、さらになぜかその設定で縁があるから(笑)。

というかこの設定でしか、縁がないとも言いますね(苦笑)。

イラスト/スタジヲワンツー



私は、和牛サーロインの200gのセット(6500円)をいただきます。

セットにはサラダ、スープ、ライス or パン、食後のコーヒーがついてきます。

しかし年上のご婦人は、和牛フィレの240g(7600円)を単品で、しかも焼き方はレア。

思いっきり血が滴っている雰囲気……。

あとは、その日の気分でサラダや前菜などをアラカルトでプラスするという、非常にカッコイイ食べ方をするのですよ。

セットのライスをつける私は、まだまだ高級ステーキの素人(苦笑)。

2名でワインを飲んで3万円弱ですね。

吉祥寺で3万円の食事なんか、年1~2回でいいよね、と思うおっさん女子であった。

ここはリーズナブルなランチも人気だけど、やっぱり夜がおすすめ。

お客さんの年齢層は高くて、家族連れもいますが、子どもはやけに行儀がいい子ばかりです(笑)。

もちろん肉は最高だし、雰囲気もシックで、接客もスマートです。

吉祥寺でステーキをおごってくださる「男前」なご婦人たちは……。


ちなみにステーキのご婦人は、Aさん、Bさん、Cさん……と複数いますが、全員の雰囲気が似ています。

タイプは違うけど、往年のフランス女優みたいな貫禄っていうか、凄みがあります。

Aさんは独身のバリキャリ、Bさんは子どもが独立して好き勝手やっている自営業。

Cさんは、離婚経験者で息子を立派に育て上げた手に職を持つ女性。

みんな仕事を持っている女性なのであった。

まあそうじゃないと、年下の女子に高級ステーキなんかおごらないよね(笑)。


現状、私の知り合いで、この先、年下女子にステーキをバンバンおごりそうなのは、仕事関係の知り合いSさん(夫あり&子どもは高校生)である。

彼女は、もはや“おっさん女子”を通り越し、“おっさん”の領域に踏み込んでおります。

口癖は「悪いようにはしないから」……(笑)。

もうなんか、どこかのホテルに連れ込まれそうですが、仕事上の話です(苦笑)。

私は、心の中で“Sアニキ”と呼んでおります……。

たぶん、この“おっさん女子⇒おっさん”、を通り抜けると、往年のフランス女優の領域に達すると思われます(あくまでたぶんで、未確認……)。

2019年のおっさん女子の新年の野望としては、こんな女性になりたいもんですな。

まず、私の場合はステーキを食べるとき、セットのライスをやめることから、という気がしますが……。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3165views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt