MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
話題の調理グッズCHECK[27] テーブルでラクレットもチーズフォンデュも作れるレコルト ラクレット&フォンデュメーカーメルト

話題の調理グッズCHECK[27] テーブルでラクレットもチーズフォンデュも作れるレコルト ラクレット&フォンデュメーカーメルト

ラクレットは、スイスの伝統料理。 『アルプスの少女はハイジ』で、おじいさんが暖炉にかざしてチーズを溶かして食べている場面でも登場した家庭料理が、テーブルで簡単に作れる調理家電を見つけたので、さっそく試してみました……!!

perm_media 《画像ギャラリー》話題の調理グッズCHECK[27] テーブルでラクレットもチーズフォンデュも作れるレコルト ラクレット&フォンデュメーカーメルトの画像をチェック! navigate_next

テーブルでラクレットもチーズフォンデュも作れる、レコルト ラクレット&フォンデュメーカーメルト


ラクレットは、スイスの伝統料理。

フランス語で「削る」を意味するらしく、
チーズの断面を直火で温め、
溶けたところをナイフなどで削り、
じゃがいもやパンなどに絡めて食べること。

『アルプスの少女はハイジ』で、
おじいさんが暖炉にかざしてチーズを溶かして食べている場面でも
登場していた……。

このスイスの家庭料理が、
テーブルで簡単に作れるという、卓上家電を発見! 

さっそく、チェックしてみます。

レコルト「ラクレット&フォンデュメーカーメルト」
価格/¥5000(税別)


本体:W29.5×D10.5×H11.0cm

プレート:W20.5×D10.0×H1.5cm
両面仕様/アルミニウム製(ノンステック加工)

ミニパン:W9.0×D18.0×H3.0cm
/鉄製(ノンステック加工)

ココット:W13.5×D10.0×H5.0cm
/陶磁器


まずは、ラクレットから挑戦!

友だちが食べたかぁ~!! とういことで……。

今回は、チーズ売り場で勧められた
ラクレットルステックのチーズを使用。

「ラクレットチーズは、まろやかでとてもコクがあり
熱をかけるとトロトロに溶けるけん、おススメです!!」と。

ミニパンにチーズをセット。

上部のプレートには、焼く食材をのせて……。

パンはいい感じに焼き目が……。
コレだけでも、テンションあがる~~。

だんだん、チーズも
ぶちぶち。ぐつぐつ。
チーズのとけている音が……。

[パンとソーセージのラクレット]


お皿に焼けた食材をのせ、とろけたチーズをかけ、完成!!

これ、楽しい~。

チーズが美味しい~!

じゃがいも、レンコン、にんじん、ブロッコリー、トマト、
ハンバーグといった食材にチーズをかけ、
340gあつたチーズを2人でペロリと食べてしまいました。

ハンバーグはチーズハンバーグになるし、
ゆでた野菜はプレートにのせ、また温めなおしができて、
これは、簡単にラクレット楽しめるば~い。

続けて、今度はチーズフォンデュです!


チーズフォンデュは、
チーズを白ワインなどで煮込んだ家庭料理。

スイスのチーズ、エメンタールと
グリエールを組み合わせるのが定番らしい。


今回は、レシピ本についている
「基本のチーズフォンデュ・チョコレートフォンデュ」を
やってみたばい。

本体といっしょについている
チーズ専門家の解説入り
レシピシート。


女子会らしく(?)
チーズフォンデュとチョコフォンデュを、
同時進行で!

チーズフォンデュ基本チーズの材料/
ピザ用チーズ、コンスターチ・にんにく・牛乳。

チョコレートフォンデュ/好きなチョコレート・牛乳。


フォンデュの材料をココットに入れ、
プレートは片面プレーンにセット。


同時にフォンディュを作り始めたら、
チョコレートのほうが、先に溶けて完成!!

串にバナナをさし、
チョコバナナが完成。


チョコレートフォンデュは、
とりあえずテーブルに……。

やっとチーズが溶けたけん、
ゆで野菜をつけて~!

[ゆで野菜のチーズフォンデュ]


とろ~りチーズフォンデュが完成!!

これ、チーズ好きにはたまらん。

パクパクパクパク。

ゆでた野菜が進む、進む!


ラクレットと、
チーズフォンデュを楽しんだばい~。


「ラクレット&フォンデュメーカーメルト」使いこなしに挑戦!


この卓上調理器で、
ほかにもなにかできないかな~って、
考えてみた!


このココットは、
電子レンジ・オーブンには使用可で、
直火は使用不可らしい。

[ミニココットで作るナスのミートグラタン]


オーブンにも使えるなら、
なすとミートグラタンば作ったよ~。

メイングラタンというより、器がこぶりやけん、
チョイ足し料理によかばい。

食器として使えるけんね~。


細長いプレートについては、
「焼き鳥もできたり~?」って
お店の人が、面白いコトを言っていたっけ。

焼き鳥~?

え~?

確かに、できないことはないかも……。

正確には、
串に刺した鶏肉の
プレート焼き……?


焼き鳥に挑戦!!

たれを作り、串にレバー・鶏もも肉をさし、
たれをつけ、温まったプレートに置き……。

しばらくすると、ジュワジュワ~と。

部屋中が、焼き鳥のにおいに……(泣)。

[焼き鳥プレート焼き]



プレートのたれの焼け焦げは、
温度調節ダイヤルをOFFにして、
やや温かいうちに、水で濡らしたキッチンペーパーなどで、
拭き取ればよかばい。

時間がかかるけど、
確かに焼き鳥も、できないことはないなぁ~(笑)。


「ラクレット&フォンデュメーカーメルト」はサイズが小さいけん、
ほかの料理食べながら、テーブルで焼き鳥を焼いて食べる……
みたいな楽しみ方ができるばい。(笑)


朝食作りに、コレを使ってみたよ。

コレ1台で、
パン、ベーコン、コーンスープなど
まとめて調理!

ふと思いついて、
ミニパンにたまごを割り入れてみた。

ちょうどいいサイズ感で、
四角にできる目玉焼き(笑)。



ながら族のわたし。

目玉焼き、放置しすぎて、ちょっと固めになってしまった(汗)。

[ラクレット&フォンデュメーカーメルトをフル活用して作った朝食]




ミニパンの部分は、プレートを加熱していることで、
その熱がココットを通して伝わって
チーズが溶けるらしい。

今さらですが、取説を読んでいたら、
「ミニパンには、もち・たまご・ホットケーキ等、
加熱後にふくらむ食材を調理しないこと」という
注意書きが!

でも、目玉焼きは大丈夫ですね~。


ミニパンには、
油がたくさん出るものや、
油をなみなみ入れて料理をしないかぎり、
意外といろいろ使えるのかも~。

ちょっとした焼肉もできたり~?


これは、ダンナ様と仲良く使うというよりも、
ホームパーティ向けなのかな……。

女子会とかホームパーティには、
すごくオススメの調理家電です!








田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
面白い調理器具がないか探していたところ、お店の方に『常温のドリンクが、すぐに冷たく飲めるんですよ~』って、おススメしていただいたので、試してみることにしました~。 それが、今回紹介するWMFアイスティータイムターボクーラーです。
食べるときのおなかの減り具合や作るものによって、パンの厚みを調整したいことって、ないですか? そんなとき、スライサーがあれば……って。 パンスライサーにはいろいろ種類あるけど、今回は、横切りスライサーを選んで実際に使ってみました。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル