MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

築地の豆腐屋『とうふ杉寅』

 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。

perm_media 《画像ギャラリー》築地の豆腐屋『とうふ杉寅』の画像をチェック! navigate_next

とうふ杉寅(最寄駅:築地駅)

料理人も惚れ込む1901年創業の老舗豆腐店の味

豆腐に使用する大豆は、すべて準契約栽培している佐賀県産の「フクユタカ」。3種類の国産凝固剤を巧みに使い分け、様々な豆腐を作り出している。中でも、豆の甘みを引き立たせる沖縄県産のにがりを使用した「やわらぎ」は、繊細な味わいととろけるような食感が感動的。そのほか、季節が感じられる変わり種なども揃い、どれにしようか迷うこと必至だ。

やわらぎ、よもぎ豆腐
290円、290円

“半熟豆腐”とも呼ばれる「やわらぎ」。爽やかな香りの「よもぎ豆腐」は、お好みで黒蜜か藻塩を付けてくれる。4月末までの販売予定

絹ごろも、あまゆば
550円、550円

生湯葉は、濃厚な「あまゆば」とさっぱりめの「絹ごろも」の2種類。店頭に出来たてが並ぶのは16時頃

寄せ豆腐を揚げており、なめらかな食感

ポン酢で頂きたい「やまいも」の豆腐なども並ぶ

お店からの一言

四代目 杉山克己さん (右)五代目 杉山貫太さん

「夏は枝豆やトマトなどの豆腐も作ります」

とうふ杉寅の店舗情報

■『とうふ杉寅』
[住所]東京都中央区築地7-15-13 セブン築地1C
[TEL]03-3541-9598
[営業時間]8時~18時半、土曜日:8時~18時
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか築地駅1番出口から徒歩6分
※カード不可

電話番号 03-3541-9598
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
万雷の拍手で迎えたくなる王道の定食だ。絶妙な塩梅の粕漬けの紅鮭、さりげない野菜小鉢、滋味深い味噌汁。
テーマは“47都道府県レストラン”。日本各地で真面目に作られる特産品や地域で親しまれる郷土料理を東京で発信するアンテナショップ的存在だ。
栄養豊富で健康的な美味しい和食を提案する店。全て国産素材で、魚や野菜など生しか使わない。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
安くて量のある定食に定評あり。自粛期間中も人気が高かったという180g 300円の酢豚は、ごろごろ野菜と肉厚の豚肉がしっかりと入って驚きの価格。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル