MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。

perm_media 《画像ギャラリー》奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』の画像をチェック! navigate_next

ブルノア

シェフの技が光る創作洋食に地元客が殺到する人気店

スペシャリテが「赤ウルメとジャガイモの重ね焼き」で、カリッと焼かれた白身魚に、芋のホクホク感が絶妙にマッチ。クリームとチーズを合わせたリッチなソースでコク深く仕上げている。重厚感あふれる熟成酒の「高倉」は、力強い味わいの洋のテイストにも引けを取らない。デザートと共に食後酒として味わうのもいいだろう。

黒豚肩ロースステーキ
2300円

黒豚ならではの濃厚な風味と脂のコクを、バルサミコとハチミツの甘酸っぱいソースが引き立てる

赤ウルメとジャガイモの重ね焼きカルボナーラ仕立て
1100円

赤ウルメとジャガイモを層にしてから、真空低温調理で火入れ。仕上げに表面をソテーし香ばしさを生んでいる。クリームソースと、卵黄ソースの2種類の味を混ぜつつ食す。雑穀のトッピングで食感もプラス

白身魚のスモークと木の子のトマトソース
1500円

この日の魚はシロダイで淡白な味わいをほのかな燻製香がふくらませる。まろやかな酸味と自然な甘みの自家製トマトソースとの相性も抜群だ

お店からの一言

オーナーシェフ 俵有平さん

「ロッジ風の店内でくつろいでいって下さい」

ブルノアの店舗情報

[住所]鹿児島県奄美市名瀬有屋町21-12 [TEL]0997-54-1002 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、18時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]テーブル30席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし

電話番号 0997-54-1002
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
はて?ここは何の店?それが第一印象。だし巻き玉子にチャーハン、ピザにタイ風春巻きと料理はノンジャンル。正直、“ハズレ”の予感すらよぎる。ところが! それらの何を食べてもひたすら旨いのだ。
 鍋からすっくとそびえるのはスライスされた神戸牛のロースとバラ。段々煮えてくると中から白菜やニラなどの野菜が姿を現し、下には山形牛のぷりぷりホルモンが潜んでいる。
京橋エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめイタリアンバル。オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。
中野エリアのダイニング「創作ダイニング パルプンテ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。スナックの居抜きを自身の手で改装し、開店したのは4年前。小さな厨房ながら、リゾットは3種のダシで炊く、ピッツァは生地から手作りなど、カジュアルイタリアンを中心に和食、創作料理などメニュー数は約40種揃う。
2017年3月、名古屋市西区の円頓寺商店街から一本入った場所に開店。メニューは、旬の食材を使った御造や煮物、蒸物など料理8品と食事、甘味の「おまかせ」(7344円)のみ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル