MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
新橋の日本料理『堤』

新橋の日本料理『堤』

新橋駅から少し歩いた、静かな雰囲気の一角。夫婦ふたりで営む和食店「堤」はある。

perm_media 《画像ギャラリー》新橋の日本料理『堤』の画像をチェック! navigate_next

堤(最寄駅:新橋駅)

美味しさを引き立てる心遣いもうれしい

食事のメニューは、ドリンクが3杯付いたコース1種のみ。しかしながら、ご主人が作る料理には旬の味だけでなく、食べ手の健康を気遣った食材も使用され、そこに奥様セレクトの料理を引き立てる食中酒がぴたりと寄り添う。それらが奏でる美味しさのハーモニーときたら、自然に笑顔になれること請け合いだ。また開店と同時に休む暇のないふたりだが、料理や酒の説明、食と酒の相性といったさり気ないひと言は忘れない。食を中心に楽しい時間を過ごしてほしいという細やかな心遣いは温かく、実に心地いい。デートや友人たちと、さらにカジュアルな接待などに利用する人も多いそう。大いに納得。一度通えば四季ごとに、あるいは月ごとに足を運びたくなる店なのだ。

おまかせコース(ドリンク3杯付き) 「八寸」 (ホタルイカ・青さの茶碗蒸し、 ジャコとキャベツ漬け 梅酢和え、 奈良漬 酒粕和え、空豆豆腐 酒盗餡、 タコの刺身 煎り酒、カマス小袖寿司、 こごみ天ぷら、海老真丈)
6950円

旬の味でまとめられた八寸。小ボトルは2杯計算

桜海老の土鍋ご飯(写真は2人前)

コースの最後に出る土鍋ご飯。5、6月は一番人気の桜エビ

新じゃがいもの冷やし鉢

隠し味に牛乳が加えられ、やわらかな味わい。昆布ダシのジュレとよく合う

いづみ鶏と温泉卵 カリフラワーのすり流し

鶏の香ばしさとカリフラワーの甘みの相性のよさに驚かされる

新ごぼうの真丈とえんどう豆のすり流し

鮮やかな緑とごぼうのやさしい香りが見事

お店からの一言

店主 堤 伸義さん、あす美さん

「大切な人と食事をそんな時に利用してください」

堤の店舗情報

[住所]東京都港区新橋6-8-1 [TEL]03-6432-4210 [営業時間]18時~22時半(19時半LO)、土~22時(18時半LO) [休日]日・祝、第1・3土 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩8分 ※予約は4名まで。1カ月先まで可 ※予約は電話のみ(営業日の15~16時)

電話番号 03-6432-4210
2018年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル