MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。

焼鳥 ふくなが(最寄駅:大門駅)

朝絞めの新鮮な信玄どりとこだわりの純米酒

それをメインにしたコースは、野菜小鉢に始まり、締めの和ダシが利いた鶏コンソメスープに至るまで、繊細で丁寧な副菜が肉の旨みや余韻を引き立てている。また朝絞めだからこそ出せる鶏刺しが人気で、イチジク醤油などの店オリジナルの調味料でいただく四種盛りも他には無い味で楽しめる。

猪鹿蝶コースの一例(本日の逸品(自家製レバーペースト)、季節のおしんこ、角切り野菜の味噌バーニャ、鶏コンソメスープ、おっぱい、もも、つくね、手羽、皮もも、はつ)
1960円

キリッとしたタレとほのかな塩が肉を引き立てる。柔らかい胸肉(おっぱい)は、海苔と共に

お刺身盛り合わせ四種盛り
1280円

右奥から白レバーたたき、生つくね、胸肉の湯びき、炙りももの山葵あえ(1280円)

極上 玉たれごはん
490円

鶏きんかんが乗ったご飯に、全卵を使ったタレをかけた「極上玉たれごはん」(490円)が絶品!

お店からの一言

店主 大場央朗さん

「純米酒と焼鳥の相性の良さを楽しんでください」

焼鳥 ふくながの店舗情報

[住所]東京都港区芝大門2-1-1 第2境野ビル1F B区画 [TEL]03-6809-2338 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、17時~23時半(22時半LO) 土・日・祝15時~23時半(22時半LO) ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全19席/喫煙可/予約可/カード可/サ300円 [交通アクセス]地下鉄都営大江戸線ほか大門駅A3出口から徒歩1分

電話番号 03-6809-2338
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
私はごはん党なので、普段パスタをあまり食べないのですが、先日フラっとダイヤ街から一本入ったところにあるイタリアン『B』に入って、思い出しました。 この店が「○○し放題」の店であることを……。 というワケで、今回は吉祥寺で〇〇し放題の店をどーんとご紹介です。
イトヨリダイを使って毎日手仕込みする練り物は、弾けるようなしっかりとした食感と旨みが魅力。うれしいのがそのボリューム。
大正13年創業。洗練された内装と、上質で端正な握りが印象的だ。カウンターでお好み握りの「サーモン」を注文すると、職人さんが煮切り醤油をひと塗りして出してくれた。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt