MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
新宿の居酒屋『HAVESPI 新宿店』

新宿の居酒屋『HAVESPI 新宿店』

店内には芋、麦、米、黒糖、泡盛、さらに蕎麦や紫蘇、栗などのちょっと珍しい原料も含めた本格焼酎が揃う。で、3240円で時間無制限、セルフで好きな飲み方で自由に飲み比べが可能だ。

HAVESPI 新宿店(最寄駅:新宿三丁目駅)

セルフでお茶割り、本格焼酎試し放題!

割材も、緑茶、ウーロン茶、アールグレイとバリエーションあり。ちなみにつまみは持ち込み制(買い出し可)。泡盛×緑茶、黒糖×アールグレイもよかった!

本格焼酎でつくるお茶割り
時間無制限3240円

HAVESPI 新宿店の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイ・タマビル6階 [TEL]03-6457-7538 [営業時間]17時~23時(22時45分LO)、土・日・祝12時~16時、17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分

電話番号 03-6457-7538
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
奥沢『ラッドクラフト』|シックな雰囲気のドアと壁がランプに照らされ、映画のような外観の店。バーテンダーとして出発し、ソムリエでもある店主のこだわりは、ブリティッシュ・アメリカンスタイルの古い“ダイナー”調のメニューだ。
おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。中目黒『ばん』の血を引く店。
目指すは気軽に入れる「ネオ大衆酒場」。だからこそ店も料理も普通じゃつまらない。
おとなの週末「ハムカツで呑む!」特集掲載店舗「駿 (シュン)」。鶏料理をメインとする居酒屋で、3種あるハムカツも大人気。[交]JR新橋駅より徒歩 ※ランチタイム有
1階はカウンターのみ、2階はテーブル席が広がる「Cafe Bar Banda (カフェバーバンダ)」は店名である『万朶』に因んで、店で出す器は桜などの花が描かれた益子焼が多く揃っている。[交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
60views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt