MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Bar 石の華|世界一に輝いたバーテンダーの腕に酔いしれる(バー/渋谷)

Bar 石の華|世界一に輝いたバーテンダーの腕に酔いしれる(バー/渋谷)

「Bar 石の華」はビルの地下1階にある静かなバー。ここで腕を振るうのがバーテンダーの石垣忍さんだ。スタンダードカクテルにも定評があるが特に目を惹くのはオリジナルカクテル。[交]JR渋谷駅東口から徒歩3分

Bar 石の華(最寄駅:渋谷駅)

素材の組み合わせの妙から生まれる美酒

「訪れるたびに新たな発見をしてもらいたい。季節の移り変わりを感じてほしい」と石垣さんは毎月オリジナルレシピを考案する。フレッシュフルーツをはじめ、契約農家直送の野菜、スパイス、ハーブなどを使用し、各素材の走り、旬、名残の風味まで計算して作られるカクテルは、斬新な組み合わせでありながら絶妙な調和を見せてくれる。ほかでは味わえない妙味を、流れるような手さばきとともにゆっくり愉しみたい。

ディルとグレープフルーツのマティーニ
1450円

シトロンフレーバーのウォッカやグレープフルーツジュース、グリーンアップルシロップなどを合わせたオリジナル。優しい口当たりのあと、ディルの爽やかな風味が広がる

茗荷コリンズ
1550円

ウォッカとグレープフルーツジュース、ミョウガ、ソーダを合わせたロングカクテル。淡いピンクはミョウガによるもので、ミョウガ独特の香りとショウガに似た辛みが爽快だ

ストローハット
1550円

唐辛子をつけ込んだオリジナルテキーラと農家直送の完熟トマトのすり下ろしをベースにしたカクテル。甘みのなかにほのかな辛さが感じられる

自家製ソースのオリジナルピッツァメキシカン・ピッツァ
1320円

セロリ、ニンジン、玉ねぎなどと挽き肉をじっくり炒めチリソースで味付け。これに自家製トマトソースとチーズ、トマトを合わせたピッツァ。歯触りの良い生地に香味野菜の甘みと旨みが漂う一品だ

豚タンのスモーク(朝霧高原ヨーグル豚)
870円

やわらかさと脂の甘さが特徴の朝霧ヨーグル豚で作ったスモークに自家製ピクルスを添えている。スモークは塩気を抑えており、肉の旨みがしっかりと感じられる。そのままでもわさび醤油をつけても美味

Bar 石の華

東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル地下1階 ☎03-5485-8405 [営]18時〜翌2時(翌1時半LO) [休]日-祝 [席]カウンター11席、テーブル2席×2卓、4席×1卓 計19席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、チャージ500円 [交]JR渋谷駅東口から徒歩3分

電話番号 03-5485-8405
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt