MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
洋食屋 Naganuma(洋食/御嶽山)|「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

洋食屋 Naganuma(洋食/御嶽山)|「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

御嶽山の洋食店「洋食屋 Naganuma」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。日本橋の老舗洋食店などで30年以上腕を磨いた店主の洋食店。にんにく好きの店主による「ガーリックメンチカツ」は、肉汁がじんわりとにじみ出るパテとふんわりと香るにんにくがクセになる逸品。[交]東急池上線御嶽山駅から徒歩2分

洋食屋 Naganuma(最寄駅:御嶽山駅)

老若男女が愛してやまないザ・街の洋食屋さん!「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

 日本橋の老舗洋食店などで30年以上腕を磨いた店主が、夫婦ふたりで切り盛りする洋食店。幅広い客層に支持されているが、比較的、年配者や女性客が多く、優しい味わいが人気の秘密だ。 にんにく好きの店主による「ガーリックメンチカツ」は、肉汁がじんわりとにじみ出るパテとふんわりと香るにんにくがクセになる逸品。20日間かけて作られたデミグラスソースが深い味わいをもたらしている。 料理は基本的に、ライス・スープ付き、昼はドリンクも付いている。

ガーリックメンチカツ
870円

ラード100%で揚げているのに、くどくなくサクサクとした食感が楽しめる

フライ盛り合わせ(3品/左からメンチ、クリームコロッケ、カキ)
1100円

フライは写真のほか、エビ・チキンの全5種類。付け合わせのコールスローやポテトサラダも丁寧に作られているのがわかる味わい

ビーフシチュー
1300円

じっくりと煮込まれ、ほろりと柔らか。大根と小松菜のスープ煮は箸で切るとじわっとブイヨンがあふれ出すホッとする味になっている

洋食屋 Naganumaの店舗情報

東京都大田区東嶺町6-2 ☎03-3751-7570 [営]11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO) [休]火 [席]カウンター4席、2名×1卓、4名×1卓 計10席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]東急池上線御嶽山駅2番出口から徒歩2分

電話番号 03-3751-7570
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
「ちょっと一杯飲みに行こう」、という意味の店名には、気軽な雰囲気で最高のひと皿を味わってもらいたいという有沢シェフの想いがこもる。中でもホーロー鍋に山盛りで出てくる名物が、国産のムール貝と旬の貝を蒸したもの。
雰囲気やサービスはビストロのように気取らず、それでいて料理は手間を惜しまず丁寧にソースを作りあげ、季節の食材の美味しさを存分に引き出している。パリの星付きレストランでも修業した中井シェフの赤ワイン煮は、ピュアでクリアなソースが特長的。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt