MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
洋食屋 Naganuma(洋食/御嶽山)|「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

洋食屋 Naganuma(洋食/御嶽山)|「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

御嶽山の洋食店「洋食屋 Naganuma」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。日本橋の老舗洋食店などで30年以上腕を磨いた店主の洋食店。にんにく好きの店主による「ガーリックメンチカツ」は、肉汁がじんわりとにじみ出るパテとふんわりと香るにんにくがクセになる逸品。[交]東急池上線御嶽山駅から徒歩2分

洋食屋 Naganuma(最寄駅:御嶽山駅)

老若男女が愛してやまないザ・街の洋食屋さん!「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

 日本橋の老舗洋食店などで30年以上腕を磨いた店主が、夫婦ふたりで切り盛りする洋食店。幅広い客層に支持されているが、比較的、年配者や女性客が多く、優しい味わいが人気の秘密だ。 にんにく好きの店主による「ガーリックメンチカツ」は、肉汁がじんわりとにじみ出るパテとふんわりと香るにんにくがクセになる逸品。20日間かけて作られたデミグラスソースが深い味わいをもたらしている。 料理は基本的に、ライス・スープ付き、昼はドリンクも付いている。

ガーリックメンチカツ
870円

ラード100%で揚げているのに、くどくなくサクサクとした食感が楽しめる

フライ盛り合わせ(3品/左からメンチ、クリームコロッケ、カキ)
1100円

フライは写真のほか、エビ・チキンの全5種類。付け合わせのコールスローやポテトサラダも丁寧に作られているのがわかる味わい

ビーフシチュー
1300円

じっくりと煮込まれ、ほろりと柔らか。大根と小松菜のスープ煮は箸で切るとじわっとブイヨンがあふれ出すホッとする味になっている

洋食屋 Naganumaの店舗情報

東京都大田区東嶺町6-2 ☎03-3751-7570 [営]11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO) [休]火 [席]カウンター4席、2名×1卓、4名×1卓 計10席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]東急池上線御嶽山駅2番出口から徒歩2分

電話番号 03-3751-7570
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。
「うちは洋食屋ですが、その前に美味しいグラタン屋でありたいんですよ」そう話す店長の大友さん。最後のひと口まで飽きることなく食べられるグラタンの味を追求してきた。
フランス版おふくろの味と言える「仔羊の煮込み」はフランス語ではナヴァラン・ダニョー。ダシを使わず、野菜と白ワインで仔羊を柔らかく、柔らかく煮込む。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt