MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(94) なぜか吉祥寺で激アツ!?  “トマト麺”抗争の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(94) なぜか吉祥寺で激アツ!? “トマト麺”抗争の件

ほかの街では見られないが、吉祥寺特有の現象がたまにあります。おっさん女子的には、そのひとつが“トマト麺”ではないか? と思っております。 なぜ吉祥寺でトマト麺がアツいのか?というと、ほぼ同じコンセプトの店が2軒あるからなのでした……。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(94) なぜか吉祥寺で激アツ!? “トマト麺”抗争の件の画像をチェック! navigate_next

なぜか吉祥寺で激アツ!? “トマト麺”抗争の件


ほかの街では見られないが、吉祥寺特有の現象がたまにあります。

おっさん女子的には、そのひとつが“トマト麺”ではないか? と思っております。

トマト麺とは、トマトが麺に練り込んであるとか、そういう食べ物ではなく、トマトスープの麺なんですよね。

超ざっくり言うと「イタリアンテイストのラーメン」と言ってもいいかもしれない。

なぜ吉祥寺でトマト麺がアツいのか? というと、ほぼ同じコンセプトの店が2軒あるからなのでした。

東急吉祥寺デパート横の『Tの花』と、井の頭通り沿いの『太陽のT麺』です。

もう両店とも『T』はトマトだ! 

イニシャルの意味がないぞ……(涙)。

しかも『Tの花』は、それまで『セロリの花』という、名前だったが、昨年秋に店名が変更になって、わかりやすくなりました(笑)。

でもなんでセロリだったんだろう?


イラスト/スタジヲワンツー



トマト麺の店がガチで2軒あるのは、たぶん都内では吉祥寺だけだと思うのですが、意外に、「花派」と「太陽派」に分かれる気がします。


1軒目は極細麺でトマトが満喫できる『太陽のT麺』


まず『太陽のT麺』ですが、井の頭通り沿いの2階にあります。

正直、入りづらいです……。

ここはお得なセットがあるので、単品よりもセットを頼んでいる人が多いかもしれない。

ある日の私は太陽のラーメン+ラビオリ風餃子+らぁリゾのセットをオーダー。

らぁリゾとは、最後にスープにごはんを入れてリゾットにするためのセットです。

ちなみにごはんは、マンナンヒカリを25%配合……。

こんにゃくの主成分で作ったごはんなので、カロリーを気にする人にも安心&ヘルシーというフレコミです。

しかし私はカロリーも糖質も気にしておらず、白飯を深く愛しているので、なんだか不完全燃焼は否めません。

あとらぁリゾは、量が多いので男子仕様かも。

ちなみに、トマトスープのラーメンは、極細麺です。

チーズを無料でかけ放題にするといいような気が……。

チーズをドサドサとかけたくなるトマト味です。

むしろ、チーズが山盛りの”太陽のチーズラーメン“を選択したほうが正解かもしれん。

ラビオリ風餃子もトマトソース味なので、ラーメンと味のテイストが一緒です……。

トマト満喫!

吉祥寺店は時間帯によって学割があるのと、ジャスミンティ飲み放題はいいと思います。

お客さんは、女子しかいません! 

2軒目の『Tの花』は、太麺・固め仕様のパスタのようなラーメン


一方、『Tの花』ですが、こちらも店の外から中が見えず、入りづらいです(苦笑)。

ある日の私は、ベーシックな“モッツァレラチーズの無添加スープのトマト麺”をオーダー。

これは正直、不思議なお味です。

中毒性があってハマる味。

ざっくり言うとパスタでいうところの“ペスカトーレ味”のラーメンです。

チーズリゾットセットもあるけど、おっさん女子的に満腹すぎて、無理(笑)。

麺は太麺で固め仕様。

こちらも超女子天国ですが、女子が堂々と“大盛り”を注文! 

しかし、スマホで写真を撮っている女子はいません。

みんな、ガチで食べている(苦笑)。

紙エプロンが支給されますが、エプロンをしても洋服の袖部分に汁がはねるぞ! 

雑な女子は気を付けろ! 

それは私だ! 

実は、このお店、サイドメニューの焼き餃子も美味しいよ。

『Tの花』は、セットメニューをもう少し考えると、お客さんに親切かなぁ、と思う。

ちなみにベーシックなラーメンじゃなくて、“たっぷりチーズのチーズフォンデュトマトスープ麺”を食べている女子が多い。

特にグループ客は、コレなんだよ。

なんでだろ? 

女子っぽいからか? 

こっちのほうがラーメンっていうより、パスタ寄りだからかな。

にんにく入りの“濃厚トマトスープ麺”もあって美味しいけど、人と会う約束のある人は避けましょう……。



サービスやメニュー構成的には『Tの花』と『太陽のT麺』は、お互いのサービスを“いいとこ取り”してほしい(笑)。

正直、どちらも帯に短し、たすきに長しっていう感じ(苦笑)。


まあ、あとは、味の好みに尽きるかも。

おっさん女子の私は『Tの花』派でございます。

でも、私、普段ラーメンを食べない女なので(連載15回参照)、あまり当てにしないでください……。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル