MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
串揚げ なかや(串揚げ・串焼き/人形町)

串揚げ なかや(串揚げ・串焼き/人形町)

厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。

perm_media 《画像ギャラリー》串揚げ なかや(串揚げ・串焼き/人形町)の画像をチェック! navigate_next

串揚げ なかや(最寄駅:人形町駅)

なんと、食パンで有名な浅草の某老舗ベーカリーで焼いた、生パン粉を使用しているのだ。ザルでふるって細かく目を揃えてから、タネにうっすらまとわせ、大豆と白絞をブレンドした油で揚げる。格別の香ばしさと共に豊かな甘みも生まれ、それぞれの素材の風味をぐっと引き立ててくれるのだ。木の葉型の器に入った10種類ものタレやソースが、その味わいをさらに彩ってくれる。

串揚げ10串コース
3780円

串揚げは、海老のしそ巻き、豚の角煮、アスパラ肉巻き、鶏つくねのきつね揚げ、ハモの湯引き、和牛ヒレ肉など。内容は仕入れや季節により変更する。コースには前菜、小鉢、生野菜が付く。デザートはきな粉をまぶした揚げパン(写真)orアイスクリーム

煮穴子、生ウニと揚げ海苔、ズワイ蟹のカニミソのせ
346円、562円、518円

ふっくら炊いた旬の穴子は甘めのツメダレで食す。衣をまぶして揚げた韓国海苔に生ウニをトッピング。パン粉の中から湯気と共に、豊かな蟹の風味があふれ出す。

みむろ杉特別純米酒、田酒特別純米酒、風の森 露葉風純米しぼり華
670円、626円、842円

日本酒は基本的に四合瓶で仕入れており、いつでも口開けの鮮度を保っている

お店からの一言

店主 依知川高明さん

「思いきり食べたい方は、おまかせのストップ制でどうぞ!」

串揚げ なかやの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-10-7 山田ビル 2階 [TEL]03-3527-3628 [営業時間]17時半~23時(22時20分LO) [休日]日 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、コース以外の注文はお通し代410円別 [交通アクセス] 地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩2分


電話番号 03-3527-3628

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「アイドルに会える串カツ田中」がアキバ(東京・秋葉原)にオープンしたらしい……!噂を聞きつけ、『おとなの週末』編集・武内、ライター・カーツが早速行ってきました。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル