MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
祷(寿司/人形町)

祷(寿司/人形町)

扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。

祷(最寄駅:人形町駅)

握りの華はやはりマグロ。築地の仲卸で今最も勢いのある「やま幸」から仕入れており、その質の高さは超高級店にも引けを取らないほどだ。また、つまみは焼き物や煮物だけでなく、独創性に富んだ一品も。名物が「うにの軍艦トリュフあんかけ」で、まったりとしたコクと深い香りの相性の良さに驚かされる。7000円のコースもあり、こちらはつまみと握りを織り交ぜつつ、箸や酒の進み具合に合わせて供してくれる。

コース
5000円

この日の握りはトロ2貫、昆布で〆てからかつお節をまぶして熟成させたヒラメの“旨み〆”、天然の車エビ、江戸前の鯵など、極め付きのネタを揃えている。握り10貫と鉄火巻に、3種の前菜盛り合わせ、お椀が付く

うにの軍艦トリュフあんかけ
1200円

和風あん、トリュフ、ウニ、海苔と複雑な風味が口に広がる、まさに逸品だ

カンパチ、赤貝、墨イカ
500円、550円、400円

墨イカには醤油麹、カンパチは土佐醤油で和えた大根おろしを乗せている

お店からの一言

店主 石川禎さん

「ゆったり過ごしていただくため、予約制です」

祷の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-6-11 五十番ビル2階 [TEL]03-6661-2533 [営業時間]17時半~22時(21時LO) [休日]土(予約があれば営業)、日・祝 ※不定休あり [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約必須/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A3出口から徒歩1分


電話番号 03-6661-2533

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正13年創業。洗練された内装と、上質で端正な握りが印象的だ。カウンターでお好み握りの「サーモン」を注文すると、職人さんが煮切り醤油をひと塗りして出してくれた。
名物の「づけあなちらし」は、マグロのヅケとふっくら炊かれた穴子が豪快にのったちらし。驚くのがシャリの下に、エビ、イカ、サーモン、イクラ、数の子など数々の具材が隠されていること。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
銀座の老舗『新富寿し』で22年間修業した三橋さんが今年7月30日にオープンさせた店。まだ2ヵ月余りだが、伝統を受け継ぐ本格江戸前鮨の旨さと店主の気さくな人柄の良さで、口コミで人気が広がっている。
大手チェーン『元気寿司』が母体の回転寿司ブランド。高速レーンで寿司を届ける“回らない回転寿司”システムを使う。
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt