MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
神楽坂 睦(居酒屋/神楽坂)

神楽坂 睦(居酒屋/神楽坂)

店主の安田さん曰く「うちはよろづ屋だよ」。刺身も揚げ物も焼き物も、創作和食の枠を越えた洋風メニューまで、旨いものなら何でもござれ。

神楽坂 睦(最寄駅:飯田橋駅)

唯一無二の存在感!ゴキゲンに飲みたい夜は俺んとこ来ないか?

迷ったらとにかくココ。深夜もおまかせの心強い店だ。
 魚は銚子港から届く極上の天然物。とれピチのお造りは言わずもがな最高だし、名物のジャンボアジフライの美味しさたるや……! これでビールをキューッとやればたまんない。極めつけは限定5食の本格うな重。居酒屋のうなぎと侮るなかれ、安田さんは元は老舗のうなぎ屋出身。なんと注文を受けてから捌き、串打ちして蒸し、炭火で焼き、肝吸いを付けて出す。手が抜けない性分ゆえ、すべての料理に全力投球。仕入れも仕込みも大変だけど「こんな店、ほかにはないよ」とお客さんが喜んでくれることが、何よりの喜びだそう。

みんな大好きアジフライ、岩もずく
980円、580円

直径25cmのド迫力。特注の粗挽きパン粉で揚げた衣はさっくり香ばしく、肉厚の身はふっくら

安田のうなぎ蒲焼き重
4500円

この日のうなぎは鹿児島産。一般的に“特上”にあたる大サイズ。「有名専門店顔負け!」とうなぎ通を唸らせる味は、値段以上の感動を呼ぶ。1日限定5食。う巻きは予約必須

本日のお刺身盛り合わせ(2人前)
3500円 ※写真は4人前

本マグロの大トロ、真鯛、金目鯛、イシナギ、シマアジなど実に贅沢。しっかりとした歯応えと旨みは、天然物ならでは

お店からの一言

店主 安田 敬さん

「酒の質にも自信あり泡が超クリーミーな超達人ビールをぜひ」

神楽坂 睦の店舗情報

[住所]東京都新宿区袋町17 [TEL]03-6265-3863 [営業時間]18時~翌4時 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンターあり、全30席/全席喫煙可/予約可/カード可/お通し代600円別 [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口から徒歩3分、地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分 ※『神楽坂 睦』のメニューの価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-6265-3863

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt