MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
あげもんや(とんかつ/高円寺)|揚げ物一筋20数年、渾身のとんかつ

あげもんや(とんかつ/高円寺)|揚げ物一筋20数年、渾身のとんかつ

高円寺エリアにある、とんかつ屋「あげもんや」のグルメ記事と写真のページ。あらゆる揚げ物を取り揃える、揚げ物好きにとってパラダイスな店。店主の寺田さんは築地『豊ちゃん』で約20年経験を積んで独立した、いわば揚げ物道を突き詰めた逸材。あげもんや[交]JR高円寺駅より徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》あげもんや(とんかつ/高円寺)|揚げ物一筋20数年、渾身のとんかつの画像をチェック! navigate_next

あげもんや(最寄駅:高円寺駅)

メニューは唐揚げやメンチといった王道から、納豆フライ、豚角煮カツといった変わり種もあって多彩だが、やはり押さえるべきはとんかつ。ラードと牛脂を混ぜた油で揚げ、しっかりとした香味をプラス。程よい弾力の豚肉は噛むほどに旨みが滲み出て、衣のコク深い油としっとり溶け合う。そこにグビッと生ビールやハイボールを流し込む幸せといったらもう……。揚げ物天国へぜひ。

とんかつ
650円

店主の揚げ技や味わいに惚れ込んで通う『豊ちゃん』時代の常連が、必ずオーダーするというとんかつ

フライ各種
270円〜

単品の揚げ物は野菜や魚介などさまざま。写真は特大有頭エビフライ750円、なっとうフライ270円、角煮かつ320円

あげもんや

[住所]東京都杉並区高円寺南4-29-9 第3穴吹ビル1F [TEL]090-5416-9154 [営業時間]11時半~23時 [休日]なし [座席]カウンター5席、テーブル16席、計21席/喫煙可/カード不可/サなし [アクセス]JR高円寺駅より徒歩1分

電話番号 090-5416-9154
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
開店のゴングが鳴ると、たちまち大行列が。有楽町に暖簾を掲げて58年。上質なラードで揚げるカツを頬張ると、サックサクの衣と溢れる肉汁に、もうめろめろ。
業界は豚肉の部位食べ比べの波がきている。コース専門の珍しいとんかつ料理店として昨年夏に開店したのが『銀座かつかみ』。
とんかつ好きなら誰もが憧れる高級とんかつ。それは一体、如何なるものか? ちょっぴり高いけど払うだけの価値があるその魅力を確かめに、潜入取材してきました。
ブランドビルが立ち並ぶ7丁目の路地裏。昭和2年に洋食店として創業し、昭和45年に現在のとんかつ店として暖簾を掲げた。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル