MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
バー 歯車(バー/神楽坂)|店内照明は極力暗く、音楽もない、静寂の中で飲むお酒は格別!

バー 歯車(バー/神楽坂)|店内照明は極力暗く、音楽もない、静寂の中で飲むお酒は格別!

 一方こちらは昼なのか夜なのか、時を感じさせない静寂のバー。バックバーはロウソクだけ。音楽もない。

バー 歯車(最寄駅:飯田橋駅)

静寂のひとときと落ち着いた空間に感覚が研ぎ澄まされる

映像美術の関係者がデザインしたという空間は、まるで伝統芸能の舞台だ。となれば敷居が高いが「バーの選択肢としてご提案と言うか、いたずらと言うか(笑)」とは店主の濱本さん。「何を飲みたいかなど自分を意識するきっかけとなり、豊かさにつながれば」。少々気取って言えば、感覚が研ぎ澄まされ、酒と、自分自身と向き合える場。アンティークグラスで供される芸術的な一杯に、心もほどけていく。大人の特権である。

パッションフルーツを使ったノンアルコールカクテル
1600円

ミルクとソーダで仕上げたパッションフルーツのノンアルコールカクテル。旬の果物も各種用意する。グラスはバカラやラリックなどのアンティーク。形に工夫があるものが好きだと言う

マティーニ
1600円

マティーニはボディがしっかりしたジン「シップスミス」を使う

バー 歯車の店舗情報

[住所]東京都新宿区若宮町16 塩谷ビル2階 [TEL]03-5206-8837 [営業時間]15時~24時 [休日]月 [席]カウンターあり、全9席/全席喫煙可/予約応相談/カード可/サなし、チャージ1000円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3番出口から徒歩4分


電話番号 03-5206-8837

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
アブサンで有名な恵比寿のバー『トラム』の3店舗目として2017年にオープン。専用エレベーターの扉が開くと、ドラマチックな空間が現れる。
「ケルピー」はスコットランドの民話に登場する水の精のこと。その名にふさわしく、正統派のバーながらチャージは取らず、気持ちよく酔わせてくれる。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt