MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
BAR 鎹(バー/神楽坂)

BAR 鎹(バー/神楽坂)

日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。

perm_media 《画像ギャラリー》BAR 鎹(バー/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

BAR 鎹(最寄駅:飯田橋駅)

コーヒーカクテル

写真はカカオリキュール使用の甘さ控えめカクテル。挽きたて豆を使ったコーヒーの香りが心地良い。普通のコーヒーも淹れてくれるので、夜遅くコーヒーが飲みたくなった人にも◎。

お好み珈琲カクテル、Bar専用チョコレート 一粒
1200円~、300円

生クリームの層も重すぎず最後まで爽やかな飲み口。お供にはBar専用チョコレートを。アルコールとのマリアージュを意識して作られた「アールガット」製。口でス~ッと溶けて滑らか

トム・コリンズ
1300円

黒猫が潜むラベルは、ジンボトル。レモン果汁が爽快なスタンダード・レシピで。ほかにも旬の果物を使用したカクテルが美味

BAR 鎹の店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂3-6 THE ROOM神楽坂 [TEL]03-6280-8468 [営業時間]19時~翌3時(2時半LO)、日17時~24時(23時半LO) [休日]無休 [座席]カウンターあり、全15席/全席喫煙可/予約可/カード可/席料1000円 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩1分


電話番号 03-6280-8468

2018年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル