MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
焼肉家 KAZU 神楽坂(焼肉/飯田橋)

焼肉家 KAZU 神楽坂(焼肉/飯田橋)

そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。

焼肉家 KAZU 神楽坂(最寄駅:飯田橋駅)

レアに炙った和牛でスタミナチャージ!ユッケ風のこの1杯

使用するのはディナーと同じクオリティのA4・A5ランク黒毛和牛の外モモやシンタマなどの赤身部位。表面だけをさっと炙って、細切りにしたらスタンバイOK。肉汁や旨みを逃さぬよう、オーダーを受けてから醤油、胡麻油、砂糖などの調味料をもみ込むのもウマさの秘訣なのだ。艶やかに鎮座する卵黄をトロ~と崩し、豪快にまぜて食せば上質な牛肉が持つ力強いコクや上品な甘みが口いっぱいに広がり、 ご飯がガッツリ進む。パンチの効いたニンニク風味で夏バテもいっきに解消だ! 売り切れ御免の限定メニューゆえ、なるべく早めに足を運びたい。

ローストビーフ丼
980円

赤身部位ならではの力強い風味が満点だ。自家製のキムチとスープ付き。ご飯の大盛りも可

お店からの一言

料理長 鄭 昌秀さん

「焼肉定食やビビンパもぜひ!」

焼肉家 KAZU 神楽坂の店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂2-
11-7AY2ビル [TEL]050-2018-2547 [営業時間]11時45分~14時半(14時LO)、17時~24時(23時半LO)、日曜日・祝日~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩1分


電話番号 050-2018-2547

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
その美しい色合いにノックアウトされた生ラム。七輪でレアめに焼いた肉を噛み締めれば、フレッシュな味わいと芳醇な香りに感動! 
50gずつ注文できる焼き物に、直径10㎝の小型スキレットを駆使したアヒージョやチーズフォンデュなどのつまみ類。スペインバルのタパスがごとく、少量ずつ色々試せる、まさにひとり焼肉&飲みにぴったりの1軒なのだ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt