MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大塚 うなぎ宮川(うなぎ/大塚)

大塚 うなぎ宮川(うなぎ/大塚)

『つきじ宮川本廛』の最初の暖簾分けで、今年111年目を迎えた。天然に近い状態で養殖された「共水うなぎ」を扱う、都内でも数少ない店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》大塚 うなぎ宮川(うなぎ/大塚)の画像をチェック! navigate_next

大塚 うなぎ宮川(最寄駅:大塚駅)

奮発してでも食べる価値あり!幻の“共水うなぎ”

通常の国産うなぎに比べ、少々値は張るが、食べる価値は充分。圧倒的に力強い風味を持ち、どっしりとした旨みをその身に蓄えている。さっぱりした味わいのタレは、素材の持ち味を邪魔することなく舌に伝えてくれるのだ。まずそのまま堪能したら、静岡県・有東木産の本ワサビを添えて食すのがこの店流。清々しい香りによって、さらにうなぎのコクや甘みを際立たせてくれる。

共水うなぎ(大)
5800円(小は4500円)

有東木産の本ワサビは爽やかな甘みが特長で、共水うなぎの味わいと相性抜群だ

前菜
1296円

懐石や和食の有名店で腕を磨いた4代目が作る繊細な季節料理も自慢。うな重を待つ間に注文したい。この日は、うなぎのゼリー寄せ。稚鮎の唐揚げ、ローストビーフなどを盛り合わせている

ウニといくらとじゅん菜の旨出汁ジュレ
1944円

じゅん菜の歯触りや、ウニとイクラのコクなど多重な食感や旨みがこの1杯に詰め込まれている

お店からの一言

4代目 八馬 誠さん

「共水うなぎは入荷に限りがあるのでご予約を」

大塚 うなぎ宮川の店舗情報

[住所]東京都豊島区南大塚1-53-5 [TEL]03-3945-1313 [営業時間]11時半~13時半LO、17時~20時半※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日 [座席]全66席/個室以外は禁煙/予約可/カード可/個室のみサ10%別 [アクセス]JR山手線大塚駅南口から徒歩2分


電話番号 03-3945-1313

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「若い頃から東京に支店を出すのが夢だった」と話すのが、浜松で最古のうなぎ屋『中川屋』の4代目である村越武さん。本店を息子に任せ、昨年それを実現させた。
うな重、蒲焼き、白焼き……。うなぎ料理といえば、このあたりが定番ですが、和食の枠を外れたうなぎ料理はないのだろうか。ということで、探したところ中国料理店を中心に発見! 中華なうなぎ料理をご覧あれ。
かつて、手賀沼で獲れたうなぎは江戸にまで運ばれ贈答品として珍重されたのだとか。その湖畔に位置する我孫子市は、今も数多くの店があるうなぎ処だ。
近年オープンした都内のうなぎ店を調査した結果、自信をもっておすすめできる三ツ星店を4軒ご紹介。老舗の支店や、関東や関西から東京初進出を果たしたお店まで粒揃いです。土用丑の日に合わせて、ぜひご賞味ください!
『おとなの週末』はもちろん、ミシュランにも掲載された名古屋を代表するうなぎ店『炭焼 うな富士』。2021年3月にオープンした『天白別邸』は、築104年の古民家をリノベーションした趣あるお店。ゆったり、のんびりと食事ができる話題の最新店へ伺いました。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル