MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】焼酎Bar 古典|焼酎の多様な味わいと香りを噛みしめよう(焼酎バー/円山町)

【閉店】焼酎Bar 古典|焼酎の多様な味わいと香りを噛みしめよう(焼酎バー/円山町)

焼酎バーの草分けとも言われる店。擁する焼酎は約200種、その8割が芋焼酎で、一般的にあまり流通していない品を揃えている。ひと口に芋焼酎といえど、蔵元や原材料、麹により風味が全く異なる。焼酎Bar古典 (ショウチュウバー・コテン)[交]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅1番出口から徒歩7分、京王井の頭線神泉駅から徒歩2分

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】焼酎Bar 古典|焼酎の多様な味わいと香りを噛みしめよう(焼酎バー/円山町)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】焼酎Bar 古典(最寄駅:渋谷駅)

 オープンから15年、焼酎バーの草分けとも言われる店。擁する焼酎は約200種、その8割が芋焼酎で、一般的にあまり流通していない品を揃えている。ひと口に芋焼酎といえど、蔵元や原材料、麹により風味が全く異なる。まずはストレートで楽しみ、そのあと好みで割るのがおすすめだ。焼酎はグラス800円〜、つまみは日替わりが主で約20品(800円〜1200円)を用意している。

焼酎「安田」(グラス)
1000円

鹿児島の国分酒造が甘さとコクのある「蔓無源氏」の生芋を芋麹で仕込んだ、芋100%の焼酎「安田」(グラス1000円)。ロック向きでフルーティな風味が特徴。しっかりした芋の風味で、あとに残りすぎない

カキ油のネギ塩焼そば
800円

『古典』の定番フード。唐辛子の香りを移した太白ごま油で炒めたそばを、オイスターソースで味付け。具はシンプルにネギのみ、さっぱりしつつ旨みが深い

焼酎Bar 古典

東京都渋谷区円山町7-10 ☎03-3496-1899 [営]19時〜翌2時 [休]日・祝(不定休) [席]カウンター10席、テーブル4席×1卓計14席/禁煙席あり/予約可/カード不可/サなし、チャージ1000円(お通し3点盛り付き) [交]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅1番出口から徒歩7分

電話番号 03-3496-1899
2015年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル