MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
立喰い寿し すしつね 池袋東武店(寿司/池袋)

立喰い寿し すしつね 池袋東武店(寿司/池袋)

池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。

立喰い寿し すしつね 池袋東武店(最寄駅:池袋駅)

値段以上の満足度 激戦区でピカイチのデパ地下寿司

単品は生いわし、ヤリイカなど鮮度抜群のネタが1貫なんと65円~(注文は2貫から。一部除外あり)。これだけでも驚きだが、特筆すべきが15時まで注文できるランチセットなのだ。最も手頃なセットが「ランチA」で、季節の白身や光物、数の子軍艦など7貫+手巻きに味噌汁がつく。特にマグロの赤身は力強い旨みがのって、値段をはるかに超えるクオリティ。シャリは山形県の米処、大石田産を赤酢ブレンドの酢で切る。ほんのり人肌でハラリとほどける握りの技も見事! 999円の「ランチC」では、中トロやイクラ軍艦など豪華ネタも堪能できる。

ランチA
638円

白身は旬のスズキで光物はプリッと弾けるような身のアジ。お新香とキュウリの手巻きが付く

お店からの一言

店長 大橋俊介さん

「夜はチョイ飲みにも
ピッタリですよ!」

立喰い寿し すしつね 池袋東武店の店舗情報

[住所]東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店 池袋本店地下1階 [TEL]03-5985-4124 [営業時間]11時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]東武百貨店 池袋本店に準ずる [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅構内(東武)


電話番号 03-5985-4124

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
開業は約35年前というが、『貴乃』の屋号は約10年前から。浅草の前は銀座の名店で修業をした店主が握る寿司は、しっかりと仕事がされた江戸前だ。
料理はつまみと握りを織り交ぜたコースのみ。これが実に楽しい。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt