MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
麺覇王(中華料理/本郷三丁目)|駅徒歩4分!麺覇王の薬膳中華は疲れた時に食べたい♪旨さの深みにハマる!

麺覇王(中華料理/本郷三丁目)|駅徒歩4分!麺覇王の薬膳中華は疲れた時に食べたい♪旨さの深みにハマる!

 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》麺覇王(中華料理/本郷三丁目)|駅徒歩4分!麺覇王の薬膳中華は疲れた時に食べたい♪旨さの深みにハマる!の画像をチェック! navigate_next

麺覇王(最寄駅:本郷三丁目駅)

あの首相もご贔屓に。美味なる薬膳中華の深みにハマる

鹿の角や甘草など、15種類以上の生薬が溶け込んだスープが器になみなみと。もうビジュアルからして異端なオーラがすごい。食べ進めるうちに、あ、来た来た。スーッと身体が軽くなるこの感覚、何だこれは!? 「うちのスープを飲めば一発でスッキリよ」。半信半疑だったその言葉に、大きく頷いた。
 驚きの薬膳パワーは麺だけにあらず。餃子や炒め物、鍋やカレーにいたるまで、すべてにマスターが考え抜いた配合が活かされている。どの料理も漢方特有のクセがないのに、味わいは複雑で深い。さすがはかつて、首相官邸に招かれて出張料理を作ったという達人である。翌日鏡を見ると、5歳若返った自分がそこに!(あくまで個人の感想です)

薬膳スタミナ麺、焼餃子
1400円、(5個) 540円

薬膳スタミナ麺には「血液の循環や消化を促進する食材がたっぷり」と松岡さん。具はエビにイカ、豚肉やレバーなど。ヒダをカリカリに焼いた香ばしい餃子も人気。餡は肉多め、味付けは甘め。タピオカの粉入りで舌ざわりなめらか

黒担々麺
1300円

香り高い黒胡麻と薬膳が溶け合ったスープが美味。具は豚肉、キクラゲ、高菜など。辛味はマイルド

一年中夏餃子
1600円

夏限定メニューだったが、お客の要望で一年中提供することに。薬膳入り酢醤油ダレがさわやか。もちもちの茹で餃子と野菜の食感の妙が◎

お店からの一言

店主 松岡添増さん

「麺は残してもいいから、スープは全部飲んでね!」

麺覇王の店舗情報

[住所]東京都文京区本郷3-43-8 [TEL]03-6801-5505 [営業時間]11時半~14時半、17時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全22席/昼は全席禁煙/予約可/カード不可/サ、お通し代なし [交通アクセス]都営大江戸線ほか本郷三丁目駅5番出口から徒歩4分


電話番号 03-6801-5505

撮影/瀧澤晃一 取材/林 匠子

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル