MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Gyoza Bar けいすけ(餃子/浅草)|オリジナル餃子を多数取扱っておりワインとも合う!

Gyoza Bar けいすけ(餃子/浅草)|オリジナル餃子を多数取扱っておりワインとも合う!

 移動販売の餃子店を経て、こちら浅草に餃子バーを開店して2年。店主“けいすけ”さんの作る餃子がユニークにして旨い。まずは基本の肉餃子。

perm_media 《画像ギャラリー》Gyoza Bar けいすけ(餃子/浅草)|オリジナル餃子を多数取扱っておりワインとも合う!の画像をチェック! navigate_next

Gyoza Bar けいすけ(最寄駅:浅草駅)

旨みたっぷりの肉餡やオリジナル創作餡にスペインワインがイケる

この餡の旨みが◎。聞けば粗挽きの豚肉は塩麹で寝かされていて、かつ自家製のオイスターソースにて味付け。シュワシュワ泡にも赤ワインにだって合う! さらにメニューには梅やシソやパクチーの餃子、キノコや鮭など魚の餃子等々、オリジナルな餃子が数々。実は佳祐氏、ワインの個人輸入も手掛けていて、おすすめのスペインワインも揃う。それと合わせるのももちろん楽しみ。

肉餃子、鮭餃子
350円、700円

神戸出身らしく、基本の肉餃子は味噌ダレでいただくのがおすすめだ。ピンク色の餃子の中には鮭がびっしり。レモン汁が合う

青ネギ 一本焼き
300円

餃子を待ちつつちょっとしたアテに。グラスでカヴァもあり

わかめ餃子
700円

こちらの餡にはワカメ! 磯の香りがユニーク。昆布ダシなども活かした魚の餃子は、こちらならでは。ヴェジタリアン向け、野菜の餃子なども

お店からの一言

店主 緒方佳祐さん

「いろんな季節の餃子も用意してます!」

Gyoza Bar けいすけの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草4-18-7 [TEL]050-5316-3781 [営業時間]18時~翌4時 [休日]月 [席]カウンターあり、全13席/全席禁煙(電子タバコのみ可)/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]つくばEX浅草駅A出口から徒歩8分


電話番号 050-5316-3781

撮影/貝塚 隆 文/池田一郎

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「餃子でお祭りのように騒ごう」がコンセプト。個性豊か、多彩な餃子メニューとともにお祭りがモチーフの店内は陽気に呑める。
2017年から3年連続で「ミシュランガイド」のビブグルマンに選出された祇園の餃子専門店『ぎょうざ歩兵』。最大で4時間待ち、多いときには1日2500~3000個販売するなど、数々の金字塔を打ち立てた同店の姉妹店が銀座にオープンした。
看板商品はひと口餃子の「ちびすけ」(8個550円)。焼きまたは揚げを選べるほか、紫蘇やエビも。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル