MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Bistro Aligot(ビストロ/神保町)|民家を改造したお店。豊富なワインとフレンチを気さくに味わえます☆

Bistro Aligot(ビストロ/神保町)|民家を改造したお店。豊富なワインとフレンチを気さくに味わえます☆

 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。

Bistro Aligot(最寄駅:神保町駅)

昭和民家そのままの座敷でも、立っても楽しめる骨太フレンチ

1階はキッチンが見渡せる立ち飲み席で、2階はゆったりとしたお座敷。家庭的で飾り気のないフレンチが並び、温かで活き活きとしたスタッフの接客も心地いい。時間をかけて火を入れた仔羊のローストは、赤身がさっぱりしながらもジューシー。骨太な肉料理とワインを気さくに味わえる。

仔羊の香草ロースト
1180円

仔羊の骨とスジからとったダシを使ったソースは肉の旨みを凝縮した贅沢な風味

アリゴのシュークルート
1280円

自家製ソーセージと豚バラ肉を酢キャベツと共に煮込んだもので、アルザス地方の郷土料理

アリゴの「アリゴ」、十種の葉野菜のサラダ フランボワーズ風味
450円、750円

店名の由来でもある「アリゴ」とは、ジャガイモとチーズを練り上げて作るフランスの家庭料理。独自レシピとしてマリボーチーズを使い、店を代表する看板メニューになっている

お店からの一言

料理長 髙橋友彦さん

「1階は立ち飲み、2階は畳に座布団。お好みでどうぞ!」

Bistro Aligotの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田神保町1-18-7 [TEL]03-5217-6677 [営業時間]17時~23時半(22時45分LO)、土16時~23時 (22時15分LO) [休日]日・祝 [席]1階スタンディング10席、2階46席、全56席/全席喫煙可/2階のみ予約可/カード可/席・パン代として1階300円、2階400円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5番出口から徒歩3分


電話番号 03-5217-6677

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 プリフィクスメニューは、前菜・メインとも5種類以上あり、選択肢の多さに驚く。一皿のボリュームもたっぷりで平日1000円、休日1800円というコスパの高さだから、いつも賑わっていて男性客も多い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt