MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Bistro Aligot(ビストロ/神保町)|民家を改造したお店。豊富なワインとフレンチを気さくに味わえます☆

Bistro Aligot(ビストロ/神保町)|民家を改造したお店。豊富なワインとフレンチを気さくに味わえます☆

 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。

perm_media 《画像ギャラリー》Bistro Aligot(ビストロ/神保町)|民家を改造したお店。豊富なワインとフレンチを気さくに味わえます☆の画像をチェック! navigate_next

Bistro Aligot(最寄駅:神保町駅)

昭和民家そのままの座敷でも、立っても楽しめる骨太フレンチ

1階はキッチンが見渡せる立ち飲み席で、2階はゆったりとしたお座敷。家庭的で飾り気のないフレンチが並び、温かで活き活きとしたスタッフの接客も心地いい。時間をかけて火を入れた仔羊のローストは、赤身がさっぱりしながらもジューシー。骨太な肉料理とワインを気さくに味わえる。

仔羊の香草ロースト
1180円

仔羊の骨とスジからとったダシを使ったソースは肉の旨みを凝縮した贅沢な風味

アリゴのシュークルート
1280円

自家製ソーセージと豚バラ肉を酢キャベツと共に煮込んだもので、アルザス地方の郷土料理

アリゴの「アリゴ」、十種の葉野菜のサラダ フランボワーズ風味
450円、750円

店名の由来でもある「アリゴ」とは、ジャガイモとチーズを練り上げて作るフランスの家庭料理。独自レシピとしてマリボーチーズを使い、店を代表する看板メニューになっている

お店からの一言

料理長 髙橋友彦さん

「1階は立ち飲み、2階は畳に座布団。お好みでどうぞ!」

Bistro Aligotの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田神保町1-18-7 [TEL]03-5217-6677 [営業時間]17時~23時半(22時45分LO)、土16時~23時 (22時15分LO) [休日]日・祝 [席]1階スタンディング10席、2階46席、全56席/全席喫煙可/2階のみ予約可/カード可/席・パン代として1階300円、2階400円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5番出口から徒歩3分


電話番号 03-5217-6677

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
福岡市内で話題のエリア「渡辺通」にある『ビストロ・クワバラ』は、独自のメニュー構成であることに加え、看板猫がいることでも人気のお店です。そのメニューと、かわいい猫ちゃんに迫ります。
扉の向こうは、高井シェフによって繰り広げられる美味なる劇場だ。元は料亭で腕を振るった和食の職人で、ワインとの出合いをきっかけにフレンチにどっぷりハマってから十数年。
輝かんばかりの肉オーラ。見るからに旨そうだ。いやかなり旨い。正体はこの店の二大看板。出荷数が少ないため「幻の和牛」と称される宮崎県の尾崎牛とイタリア産高級牛のファッソーネピエモンテ牛。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル